冷えの漢方相談(32歳女性)|漢方相談

冷えの漢方相談(32歳女性)|漢方相談
お客様ページ

HOME漢方相談>冷え(32歳女性)の漢方相談

冷え(32歳女性)の漢方相談

冷えでお悩みの方が、うち漢方に漢方薬のご相談をされた事例をご紹介します。
グラフは、ご相談者の証を表しており、色が濃いほど証が強く出ていることになります。ご相談者と堀口先生のやりとりを表すタイムラインでは、先生が漢方薬を処方した理由などがご覧になれます。漢方薬を選ぶ際の参考にしてください。
ご自身の証を確認したい場合は、体質チェックをお試しください。

ご相談者


-ひどい冷え症です。


堀口先生


証判定の結果から、気滞と血瘀が強く出ています。精神的に緊張することはありますか?
また、生理痛はありますか?生理の前後で体調は大きく変わりますか(生理前に肩こりが強いやイライラ感が強いなど・・)?


ご相談者


-お世話になります。 介護の仕事をしているので、緊張というかストレスは溜まる方です。
度合いは月によりますが、生理痛もあります。生理前にイライラが強まるのは毎月です。よろしくお願いします。


堀口先生


介護のお仕事は、相手のペースに合わせざるを得ないので、体力的だけでなく精神的にも疲れますよね。
証判定にある気滞と血瘀は、精神的な疲れやストレスから気が巡り悪くなり、さらに血液の循環も阻害されている状態を示します。あやさんの冷えは、気の巡りと血行不良が原因です。
抑肝散と桂枝茯苓丸をご用意します。
抑肝散は気分の抑圧を去り、気の巡りを良くする作用があります。桂枝茯苓丸は血行良くします。ホルモンを調整する作用もあり、生理前の症状や生理痛にも良いです。
1週間の服用では、冷えを完全に改善するのは、難しいと思いますが、気力や睡眠の質、イライラ感や頭の重さなどは多少変化あると思います。


処方された漢方薬



抑肝散(よくかんさん)
「虚弱な体質で神経がたかぶる人」の次の症状に有効とされています。
神経症 不眠症 小児夜なき  
→適した証:気滞 
桂枝茯苓丸()

→適した証:

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.