息切れ、息苦しい、鼻づまりの漢方相談(66歳男性)|漢方相談

息切れ、息苦しい、鼻づまりの漢方相談(66歳男性)|漢方相談
お客様ページ

HOME漢方相談>息切れ、息苦しい、鼻づまり(66歳男性)の漢方相談

息切れ、息苦しい、鼻づまり(66歳男性)の漢方相談

息切れ、息苦しい、鼻づまりでお悩みの方が、うち漢方に漢方薬のご相談をされた事例をご紹介します。
グラフは、ご相談者の証を表しており、色が濃いほど証が強く出ていることになります。ご相談者と堀口先生のやりとりを表すタイムラインでは、先生が漢方薬を処方した理由などがご覧になれます。漢方薬を選ぶ際の参考にしてください。
ご自身の証を確認したい場合は、体質チェックをお試しください。

ご相談者


-今まで飲んだ薬は、麦味参顆粒(店に勧められて2ケ月分飲用)、麦門冬湯、小青竜湯、(自己判断て゛) 効き目は判りませんでした。
タバコはやめて2ヶ月です。とにかく動きだすと ハアハア、ゼイゼイとなります。
息切れは病気では無いと思い病院には行っていません。


堀口先生


息切れ息苦しい鼻づまりをお辛い症状としてあげて頂きましたが、咳や痰はありませんか?
お腹が張ったりげっぶやおならが多いとのことですが、排便は順調ですか?
さらに体重と身長を教えて頂けますか?


ご相談者


-有難うございます、咳はほとんど有りません。痰もありません。排便は普通だとおもいます。
起きてすぐいくのが厄介なだけです。
体重63kg、身長165cmです。


堀口先生


鼻づまりやのどの渇きなどから、のどから気管までの粘膜が乾燥し炎症を起こし腫れ、気道や鼻腔が狭くなっていると思われます。
その結果息が十分に吸えず、息苦しさや息切れが起こっているようです。
漢方薬は鼻腔からのど気管を潤すもの(辛夷清肺湯)と、タバコなどで汚れた気管を解毒するようなもの(防風通聖散)を合方します。


処方された漢方薬



辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)
次の症状に有効とされています。
鼻づまり 慢性鼻炎 蓄膿症 
→適した証:陰虚 
防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)
「腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちな人」の次の症状に有効とされています。
高血圧の随伴症状(どうき、肩こり、のぼせ) 肥満症 むくみ  
→適した証:湿熱 

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.