陰部痛の漢方相談(44歳女性)|漢方相談

陰部痛の漢方相談(44歳女性)|漢方相談
お客様ページ

HOME漢方相談>陰部痛(44歳女性)の漢方相談

陰部痛(44歳女性)の漢方相談

陰部痛でお悩みの方が、うち漢方に漢方薬のご相談をされた事例をご紹介します。
グラフは、ご相談者の証を表しており、色が濃いほど証が強く出ていることになります。ご相談者と堀口先生のやりとりを表すタイムラインでは、先生が漢方薬を処方した理由などがご覧になれます。漢方薬を選ぶ際の参考にしてください。
ご自身の証を確認したい場合は、体質チェックをお試しください。

ご相談者


-先程お電話させて頂きましたものです。
先月末から、陰部に刺すような耐え難い痛みがでています。婦人科と泌尿器科にかかりましたが原因がわからない状況です。CTの検査を来週する事になっています。血液検査、内診、尿検査、膀胱鏡はしました。
痛みは、尿道口~恥骨の少し下までの部分で 中が刺すような痛みで救急車を何回か呼ぼうかと思う痛さです。 常に痛みはありますが、座ったり歩いたり接触すると痛みがひどくなります。
今は、外出がなかなか難しくなってしまい落ち込んでいます。病院では、カロナールを処方されていますが効きません。よろしくお願い致します。


ご相談者


-堀口先生、早々のお返事ありがとうございます。はい。ヘルペスとかではないです。血液検査しました。帯状疱疹は23才の時左のお尻になった事があります。鼻炎は杉花粉症なので、3月だけ症状がでます。
しもやけは中学生の時足にできてつらかったです。
続きです。皮膚炎はアトピーとかはありません。いぼに悩んでいるところです。皮膚科では加齢によるもので首や胸にできているのでレーザー治療になると言われました。
あと胃が弱い方です。舌のまわりにギザギザの歯形がついています。
生理は順調で、3日位塊などはありません。初日に生理痛みがあります。


堀口先生


病院を受診されていますので、陰部の帯状疱疹やヘルペスではないということですね。だとすると、リンパの炎症などが引き金となり、神経炎などに移行して、痛みを発症していることが、予想されます。
今までに、鼻炎や副鼻腔炎、皮膚炎などになったことはありますか?また、冬にしもやけになることはありますか?


堀口先生


帯状疱疹の再発でもないのですね。足の付根(鼠径リンパ)は腫れていませんか?


ご相談者


-帯状疱疹の再発はないです。検査しました。足の付け根の腫れはありません。見た目はどこも皮膚や異常がないです。
たびたびすみません。関係ないと思いますがちょうど4月23日~5月10位にまで口の中右側に口内炎(はじめは大きな水ぶくれができてそのうち口内炎の痛みがでました。なかなか治りませんでした)。


堀口先生


了解しました。竜胆瀉肝湯と越婢加朮湯を合わせて調整します。
竜胆瀉肝湯は陰部痛や排尿痛、膣炎などによいです。また、越婢加朮湯は神経炎による神経痛に良いです。
帯状疱疹後神経痛は、ウイルスが増えていなくても、湿気による体内毒素の停滞などで神経炎を起こし、痛むことがあります。
いぼの発症も体内の水分代謝と老廃物の停滞と関係しています。胃が弱いことと、大便が硬いということも、水分代謝の低下と老廃物の停滞に関係します。
まずは、痛みを治めて、それから体質改善へ進めましょう。


処方された漢方薬



竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)
「比較的体力があり、下腹部筋肉が緊張する傾向がある人」の次の症状に有効とされています。
排尿痛 残尿感 尿の濁り  
→適した証:湿熱 
越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)
「浮腫と汗が出て小便に支障のある人」の次の症状に有効とされています。
腎炎 ネフローゼ 脚気    
→適した証:湿熱 

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.