むくみの漢方相談(33歳女性)|漢方相談

むくみの漢方相談(33歳女性)|漢方相談
お客様ページ

HOME漢方相談>むくみ(33歳女性)の漢方相談

むくみ(33歳女性)の漢方相談

むくみでお悩みの方が、うち漢方に漢方薬のご相談をされた事例をご紹介します。
グラフは、ご相談者の証を表しており、色が濃いほど証が強く出ていることになります。ご相談者と堀口先生のやりとりを表すタイムラインでは、先生が漢方薬を処方した理由などがご覧になれます。漢方薬を選ぶ際の参考にしてください。
ご自身の証を確認したい場合は、体質チェックをお試しください。

堀口先生


梅雨のこの時期は、むくみやすい時季ですね。身体もだるくなりやすいです。
証判定の結果から、気滞と血瘀が高く出ています。気滞に関してはお仕事や家事が忙しいく、精神的にもきついのかな?
血瘀に関しては、月経血に固まり多いとのことで、生理前はむくみが悪化しますか?また、血圧は正常ですか?
ゆーかさんのむくみは、血と気が上昇して頭の方へ集中していることが原因と予想します。パソコンや目と神経を使うお仕事などをしていらっしゃると想像しますが、いかがですか?
気と血の両方が頭部に集中してしまうと、手足末端の血液やリンパ液の流れが、停滞して、むくみを起こします。そこで証判定の結果を重視して、血瘀のよい桂枝茯苓丸と、気滞によい柴胡加竜骨牡蛎湯を合わせてご用意します。
桂枝茯苓丸は、血行を良くして、のぼせを取り手足の循環を改善します。柴胡加竜骨牡蛎湯は、精神的なイライラ感を鎮め、のぼせた気を下げて、気を全身に巡らせてくれます。


処方された漢方薬



桂枝茯苓丸()

→適した証:
柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
「比較的体力があり、心悸亢進、不眠、いらだち等の精神症状のある人」の次の症状に有効とされています。
高血圧症 動脈硬化症 慢性腎臓病       
→適した証:陰虚 気滞 

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.