むくみの漢方相談(26歳女性)|漢方相談

むくみの漢方相談(26歳女性)|漢方相談
お客様ページ

HOME漢方相談>むくみ(26歳女性)の漢方相談

むくみ(26歳女性)の漢方相談

むくみでお悩みの方が、うち漢方に漢方薬のご相談をされた事例をご紹介します。
グラフは、ご相談者の証を表しており、色が濃いほど証が強く出ていることになります。ご相談者と堀口先生のやりとりを表すタイムラインでは、先生が漢方薬を処方した理由などがご覧になれます。漢方薬を選ぶ際の参考にしてください。
ご自身の証を確認したい場合は、体質チェックをお試しください。

ご相談者


-むくみがひどく、太りやすくなった。冷えがひどい。


堀口先生


むくみと太りやすくなったのことですね。血行や代謝が低下しているようです。
まず、排泄である小便と大便の出を良くする必要があります。
排便に関しては、便秘薬〈下剤)を飲んでいますか?利用状況と排便の頻度をお知らせください。


ご相談者


-便秘薬とかは飲んでいません。


堀口先生


証判定結果から気滞と血瘀、血虚が高いスコアとなっています。これは血液の循環が悪いく、気の巡りが悪くなっていることを示します。
血行を邪魔するものに、排便と排尿があります。便秘気味で小便の出も悪いようですので、これではむくみ太りやすい身体になります。
今回まず排便排尿を促進させ血行を良くする桃核承気湯を、さらに気の巡りを良くしてイライラや不眠傾向を改善する柴胡加竜骨牡蛎湯を併せて御用意します。


ご相談者


-ありがとうございます。実は今、防已黄耆湯を飲んでるんですが、これはどうゆうのですか?


堀口先生


防已黄耆湯は水分代謝を高めて、むくみを取る作用がありますが、排便を良くする作用はありません。
なみさんの場合は、まず骨盤内の通りを良くする必要があります。桃核承気湯にてまず骨盤内の宿便や古血などを、排便と排尿と共にすっきりさせましょう。


処方された漢方薬



桃核承気湯(とうかくしょうきとう)
「比較的体力があり、のぼせて便秘しがちな人」次の症状に有効とされています。
月経不順 月経困難症 月経時や産後の精神不安    
→適した証:血瘀 
柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
「比較的体力があり、心悸亢進、不眠、いらだち等の精神症状のある人」の次の症状に有効とされています。
高血圧症 動脈硬化症 慢性腎臓病       
→適した証:陰虚 気滞 

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.