産後(イライラ、不安、不眠)の漢方相談(29歳女性)|漢方相談

産後(イライラ、不安、不眠)の漢方相談(29歳女性)|漢方相談
お客様ページ

HOME漢方相談>産後(イライラ、不安、不眠)(29歳女性)の漢方相談

産後(イライラ、不安、不眠)(29歳女性)の漢方相談

産後(イライラ、不安、不眠)でお悩みの方が、うち漢方に漢方薬のご相談をされた事例をご紹介します。
グラフは、ご相談者の証を表しており、色が濃いほど証が強く出ていることになります。ご相談者と堀口先生のやりとりを表すタイムラインでは、先生が漢方薬を処方した理由などがご覧になれます。漢方薬を選ぶ際の参考にしてください。
ご自身の証を確認したい場合は、体質チェックをお試しください。

ご相談者


-産後一ヶ月のため体力・気力の回復望みます。
イライラしやすく不安感を伴いやすい性質は妊娠前からですが、産後はひどくなっています。イライラ・不安・不眠に効いて産後に合ったものを探しています。授乳中です。


堀口先生


一番たいへんな時ですね。難産でしたか?出血は多かったですか?授乳中とのことですが、母乳の出はどうですか?
また、不眠とのことですが、眠りが浅くて熟睡感がないですか?


ご相談者


-さっそくのメッセージありがとうございます。出産は、安産でした。今回は二人目で、出血は割りと多かったですが、一人目は1リットルほどでしたが今回は600ccほどで前回ほどではなかったです。母乳の出はいいほうだと思います。
不眠は、熟睡できないのは子どもが起きるから仕方ない部分もあるのですが、眠りが浅くどちらかというと疲れていて寝たいのに神経の高ぶりなのか入眠が困難です。
自分でもどの漢方が良いか調べていたのですが種類が多くてどれがいいかわかりませんでした。また質問などあればお待ちしています。ありがとうございます。


堀口先生


メールありがとうございました。ご様子分かりました。証判定の結果に、気虚と血虚の両方が高く出ています。
出産時は、出血や発汗がありますので、血を失い、体力気力が消耗します。芎帰調血飲は、産後の体力気力を補い復活させるのに最適な漢方薬です。授乳中でももちろん安心ですし、乳腺炎の予防にもなります。
まずは芎帰調血飲で産後の気力体力を回復しましょう。睡眠に関しては、加味帰脾湯がよいと思います。二種類を併用することも可能です。


処方された漢方薬



芎帰調血飲(きゅうきちょうけついん)
「産後の神経症、体力が低下している人」の次の症状に有効とされています。
月経不順 
→適した証:血虚 

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.