痛風の漢方相談(83歳女性)|漢方相談

痛風の漢方相談(83歳女性)|漢方相談
お客様ページ

HOME漢方相談>痛風(83歳女性)の漢方相談

痛風(83歳女性)の漢方相談

痛風でお悩みの方が、うち漢方に漢方薬のご相談をされた事例をご紹介します。
グラフは、ご相談者の証を表しており、色が濃いほど証が強く出ていることになります。ご相談者と堀口先生のやりとりを表すタイムラインでは、先生が漢方薬を処方した理由などがご覧になれます。漢方薬を選ぶ際の参考にしてください。
ご自身の証を確認したい場合は、体質チェックをお試しください。

ご相談者


-変形性関節炎で膝の痛みが激しいところ、痛風にもなりました。
尿酸値はどのくらいかわかりますか? 痛風は解毒代謝が低下して、血中の尿酸値が高くなり、血流の悪い足の拇指の付け根などに、尿酸が沈着して、炎症を起こし腫れ痛むのです。腫れ痛む部位は、足の指ですか?


 


(別途、娘さんがメール相談)


堀口先生


お待たせしました。証判定の結果にありますように、湿痰と陽虚、湿熱がやや高く出ています。体内の水分の代謝と流通が悪い状態です。心肥大で高血圧ということですので、どうしも下半身の水分代謝が悪くむくんでしまうのですね。
今回は、水分代謝を高めて、むくみや膝の痛みを改善する麻杏薏甘湯と、膝や足の炎症を取り痛風の予防にもなる越婢加朮湯の2処方を混ぜて、一種類としてご用意しました。
病院の血圧や心臓のお薬と併用しても、大丈夫です。漢方薬の服用は、食間か食前に1日3回お白湯で飲んでください。


処方された漢方薬



麻杏薏甘湯(まきょうよくかんとう)
次の症状に有効とされています。
関節痛 神経痛 筋肉痛 
→適した証:湿痰 
越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)
「浮腫と汗が出て小便に支障のある人」の次の症状に有効とされています。
腎炎 ネフローゼ 脚気    
→適した証:湿熱 

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.