喘息の漢方相談(65歳男性)|漢方相談

喘息の漢方相談(65歳男性)|漢方相談
お客様ページ

HOME漢方相談>喘息(65歳男性)の漢方相談

喘息(65歳男性)の漢方相談

喘息でお悩みの方が、うち漢方に漢方薬のご相談をされた事例をご紹介します。
グラフは、ご相談者の証を表しており、色が濃いほど証が強く出ていることになります。ご相談者と堀口先生のやりとりを表すタイムラインでは、先生が漢方薬を処方した理由などがご覧になれます。漢方薬を選ぶ際の参考にしてください。
ご自身の証を確認したい場合は、体質チェックをお試しください。

ご相談者


-代理で申し込んでおりますのは神奈川県在住の〇〇です。喘息を患っているのは東京府中のこみんです。


堀口先生


こみん様の体質は、証判定の結果から湿痰がやや出ています。
体内に余分な水分が停滞している状態です。湿痰タイプの方は、梅雨時は苦手で、発病や病状が悪化する時季です。
こみん様の喘息がどのように発症したのか、お尋ねしたいです。小児の頃より喘息体質で、最近再発したのか、あるいは風邪を引き金として、咳に移行して、いわゆる咳喘息となったのか?
咳喘息は過去に喘息になったことがない方も、風邪や花粉症などを契機に炎症が気管に及んで、咳や痰、喘鳴、呼吸困難になります。この原因はアレルギー反応が関与しており、以前アレルギー性気管支炎とも呼ばれていましたが、近年は患者数が多いこともあり、咳喘息やアトピー咳などと呼ばれています。
また、お電話で現在こみん様は寝たきり状態とのことでしたが、他にご病気があるのでしょうか?


 


(電話で相談)


堀口先生


お待たせしました。清肺湯と麻杏甘石湯を合わせてご用意しました。
清肺湯は気管や肺の炎症を鎮め痰を出しやすくします。麻杏甘石湯は、喘鳴や呼吸困難を改善します。
ステロイド剤や気管支拡張剤、吸入剤など病院のお薬と併用しても、今回の漢方薬は問題ありません。食間か食前に服用してください。


処方された漢方薬



清肺湯(せいはいとう)
次の症状に有効とされています。
痰の多く出る咳 
→適した証:湿熱 
麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)
次の症状に有効とされています。
小児ぜんそく 気管支ぜんそく 
→適した証:湿熱 

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.