胃炎の漢方薬

胃炎|漢方薬
お客様ページ

HOME漢方薬の種類>胃炎に有効な漢方薬

胃炎に有効な漢方薬

■フリーワード検索



■症状別検索

ア行
赤ら顔
悪心
足腰の冷え
すべて表示

カ行
顔色
下肢痛
下肢の関節リウマチ
すべて表示

サ行
坐骨神経痛
産後
産後回復不全
すべて表示

タ行
帯下
体力低下
多汗
すべて表示

ナ行
夏やせ
軟便
にきび
すべて表示

ハ行
肺炎
肺結核
排尿困難
すべて表示

マ行
慢性胃炎
慢性胃カタル
慢性胃腸炎
すべて表示

ヤ行
夜尿症
腰痛
夜なき

ラ行
リウマチ
溜飲
リンパ腺炎
すべて表示
安中散(あんちゅうさん)
「やせ型で腹部筋肉が弛緩する傾向にあり、胃痛又は腹痛があって、ときに胸やけ、げっぷ、食欲不振、はきけなどを伴う人」の次の症状に有効とされています。
神経性胃炎 慢性胃炎 胃アトニー 
→よく使われる証:気滞 
黄連湯(おうれんとう)
「胃部の停滞感や重圧感、食欲不振のある人」の次の症状に有効とされています。
急性胃炎 二日酔 口内炎 
→よく使われる証:気滞 
黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
「比較的体力があり、のぼせ気味で、イライラする傾向のある人」の次の症状に有効とされています。
喀血 吐血 下血       
→よく使われる証:陰虚 
香砂六君子湯(こうしゃりっくんしとう)
「体力中等度以下で、気分が沈みがちで頭が重く、胃腸が弱く、食欲がなく、みぞおちがつかえて疲れやすく、貧血性で手足が冷えやすい人」の次の症状に有効とされています。
胃炎 胃腸虚弱 胃下垂     
→よく使われる証:気虚 湿痰 
四逆散(しぎゃくさん)
「比較的体力があり、大柴胡湯証と小柴胡湯証との中間証を表わす人」の次の症状に有効とされています。
胆嚢炎 胆石症 胃炎       
→よく使われる証:気滞 
半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
「気分がふさいで、咽喉、食道部に異物感があり、ときに動悸、めまい、嘔気を伴う人」の次の症状に有効とされています。
不安神経症 神経性胃炎 つわり     
→よく使われる証:気滞 
半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)
「みぞおちがつかえ、ときに悪心、嘔吐があり食欲不振で腹が鳴って軟便又は下痢の傾向のある人」の次の症状に有効とされています。
急・慢性胃腸カタル はっ酵性下痢 消化不良         
→よく使われる証:気滞 
茯苓飲(ぶくりょういん)
「吐きけや胸やけがあり尿量が減少する人」の次の症状に有効とされています。
胃炎 胃アトニー 溜飲 
→よく使われる証:湿痰 
茯苓飲合半夏厚朴湯(ぶくりょういんごうはんげこうぼくとう)
「気分がふさいで、咽喉、食道部に異物感があり、時に動悸、めまい、嘔気、胸やけなどがあり、尿量の減少する人」の次の症状に有効とされています。
不安神経症 神経性胃炎 つわり   
→よく使われる証:気滞 湿痰 
茯苓飲加半夏(ぶくりょういんかはんげ)
「胸やけ、げっぷ、吐き気があり尿量が少ない人」の次の症状に有効とされています。
胃炎 胃アトニー 
→よく使われる証:湿痰 
茯苓沢瀉湯(ぶくりょうたくしゃとう)
「体力中等度以下で、胃のもたれ、悪心、嘔吐のいずれかがあり、渇きを覚える人」の次の症状に有効とされています。
胃炎 胃腸虚弱 
→よく使われる証:湿痰 
六君子湯(りっくんしとう)
「胃腸が弱く、食欲がなく、みぞおちがつかえ、疲れやすく、貧血性で手足が冷えやすい人」の次の症状に有効とされています。
胃炎 胃アトニー 胃下垂     
→よく使われる証:気虚 湿痰 

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.