桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)

桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)|漢方薬
お客様ページ

HOME漢方薬の種類>桂枝加朮附湯

桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)

桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)の情報をお伝えします。
内容は、漢方薬メーカーの添付文書を参考に作成しています。 各社が公開している添付文書は、独立行政法人 医薬品医療機器総合機構のページで検索できます。
ご自身の証を確認したい場合は、体質チェックをお試しください。

桂枝加朮附湯がよく使われる証


桂枝加朮附湯がよく使われる証はこちら。


桂枝加朮附湯に入っている生薬


桂枝加朮附湯に入っている生薬はこちら。


桂枝加朮附湯を五感で表現


桂枝加朮附湯を五感で表現すると。

  • 淡褐色
  • 特異なにおい
  • 甘味とわずかな辛味

桂枝加朮附湯の効能


次の症状に有効とされています。

  • 神経痛
  • 関節痛


桂枝加朮附湯の使用上の注意


1 次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)のぼせが強く赤ら顔で体力の充実している人
(4)高齢者
(5)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人
(6)次の症状のある人
 むくみ
(7)次の診断を受けた人
 高血圧、心臓病、腎臓病
2 服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
  皮膚:発疹・発赤、かゆみ
  その他:動悸、のぼせ、ほてり、口唇・舌のしびれ
3 まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
  偽アルドステロン症:手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。
  ミオパチー:手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。
4 1か月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
5 長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。


その他の情報


本剤は、『吉益東洞』という江戸時代の医師が考案した漢方薬で、主に四肢の関節が痛んだり腫れたりして動かしにくい「関節痛」「神経痛」に用いられています。

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.