虚弱の漢方薬

虚弱|漢方薬
お客様ページ

HOME漢方薬の種類>虚弱に有効な漢方薬

虚弱に有効な漢方薬

■フリーワード検索



■症状別検索

ア行
赤ら顔
悪心
足腰の冷え
すべて表示

カ行
顔色
下肢痛
下肢の関節リウマチ
すべて表示

サ行
坐骨神経痛
産後
産後回復不全
すべて表示

タ行
帯下
体力低下
多汗
すべて表示

ナ行
夏やせ
軟便
にきび
すべて表示

ハ行
肺炎
肺結核
排尿困難
すべて表示

マ行
慢性胃炎
慢性胃カタル
慢性胃腸炎
すべて表示

ヤ行
夜尿症
腰痛
夜なき

ラ行
リウマチ
溜飲
リンパ腺炎
すべて表示
黄耆建中湯(おうぎけんちゅうとう)
「体が虚弱で疲労しやすい人」の次の症状に有効とされています。
虚弱体質 病後の衰弱 ねあせ 
→よく使われる証:気虚 
加味逍遥散(かみしょうようさん)
「体質虚弱な女性で肩がこり、疲れやすく、精神不安などの精神神経症状や便秘傾向にある人」の次の症状に有効とされています。
冷え症 虚弱体質 月経不順    
→よく使われる証:血虚 気滞 
加味帰脾湯(かみきひとう)
「虚弱体質で血色の悪い人」の次の症状に有効とされています。
貧血 不眠症 精神不安  
→よく使われる証:気虚 
加味温胆湯(かみうんたんとう)
「体力中等度以下で胃腸が虚弱な人」の次の症状に有効とされています。
神経症 不眠症 
→よく使われる証:気滞 湿熱 
銀翹散(ぎんぎょうさん)
「虚弱で無気力な体質で悪寒、微熱、全身倦怠感があり横臥することを好む人」の次の症状に有効とされています。
たん 感冒 気管支炎   
→よく使われる証:陰虚 
香砂六君子湯(こうしゃりっくんしとう)
「体力中等度以下で、気分が沈みがちで頭が重く、胃腸が弱く、食欲がなく、みぞおちがつかえて疲れやすく、貧血性で手足が冷えやすい人」の次の症状に有効とされています。
胃炎 胃腸虚弱 胃下垂     
→よく使われる証:気虚 湿痰 
香蘇散(こうそさん)
「胃腸虚弱で神経質の人」の次の症状に有効とされています。
風邪の初期 
→よく使われる証:気滞 
小建中湯(しょうけんちゅうとう)
「体質虚弱で疲労しやすく、血色がすぐれず、腹痛、動悸、手足のほてり、冷え、頻尿および多尿などのいずれかを伴う人」の次の症状に有効とされています。
小児虚弱体質 疲労けん怠 神経質    
→よく使われる証:気虚 
真武湯(しんぶとう)
「新陳代謝の沈衰している人」の次の症状に有効とされています。
胃腸疾患 胃腸虚弱症 慢性腸炎               
→よく使われる証:陽虚 
当帰四逆湯(とうきしぎゃくとう)
「体質が虚弱で冷え性の人」に有効とされています。
→よく使われる証:血虚 
人参湯(にんじんとう)
「体質虚弱、虚弱により体力低下した人」の次の症状に有効とされています。
急性・慢性胃腸カタル 胃アトニー症 胃拡張   
→よく使われる証:陽虚 
半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)
「胃腸虚弱で下肢が冷え、めまい、頭痛がある人」に有効とされています。
→よく使われる証:湿痰 
茯苓沢瀉湯(ぶくりょうたくしゃとう)
「体力中等度以下で、胃のもたれ、悪心、嘔吐のいずれかがあり、渇きを覚える人」の次の症状に有効とされています。
胃炎 胃腸虚弱 
→よく使われる証:湿痰 
補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
「消化機能が衰え、四肢けん怠感著しい虚弱体質の人」の次の症状に有効とされています。
夏やせ 病後の体力増強 結核症          
→よく使われる証:気虚 血虚 
抑肝散(よくかんさん)
「虚弱な体質で神経がたかぶる人」の次の症状に有効とされています。
神経症 不眠症 小児夜なき  
→よく使われる証:気滞 
抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)
「虚弱な体質で神経がたかぶる人」の次の症状に有効とされています。
神経症 不眠症 小児夜なき  
→よく使われる証:気滞 
補気健中湯(ほきけんちゅうとう)
「体力虚弱で胃腸が弱い人」の次の症状に有効とされています。
腹部膨満感 むくみ 
→よく使われる証:気虚 湿痰 
活命参(かつめいさん)
次の場合の滋養強壮に有効とされています。
虚弱体質 肉体疲労 病中病後     
→よく使われる証:陽虚 陰虚 
霊鹿参(れいろくさん)
次の場合の滋養強壮に有効とされています。
虚弱体質 肉体疲労 病中病後     
→よく使われる証:陽虚 
滋腎明目湯(じじんめいもくとう)
「体力虚弱な人」の次の症状に有効とされています。
目のかすみ 目の疲れ 目の痛み 
→よく使われる証:血虚 陰虚 
滋腎通耳湯(じじんつうじとう)
「体力虚弱な人」の次の症状に有効とされています。
耳鳴り 聴力低下 めまい 
→よく使われる証:血虚 陰虚 気滞 
能活精(のうかっせい)
次の場合の滋養強壮に有効とされています。
虚弱体質 肉体疲労 病中病後      
→よく使われる証:血虚 陰虚 
救心感応丸気(きゅうしんかんのうがんき)
次の症状に有効とされています。
気つけ 息切れ 動悸    
→よく使われる証:陰虚 気滞 
霊黄参(れいおうさん)
次の場合の滋養強壮に有効とされています。
虚弱体質 肉体疲労 病中病後     
→よく使われる証:気滞 湿熱 

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.