尿量の漢方薬

尿量|漢方薬
お客様ページ

HOME漢方薬の種類>尿量に有効な漢方薬

尿量に有効な漢方薬

■フリーワード検索



■症状別検索

ア行
赤ら顔
悪心
足腰の冷え
すべて表示

カ行
顔色
下肢痛
下肢の関節リウマチ
すべて表示

サ行
坐骨神経痛
産後
産後回復不全
すべて表示

タ行
帯下
体力低下
多汗
すべて表示

ナ行
夏やせ
軟便
にきび
すべて表示

ハ行
肺炎
肺結核
排尿困難
すべて表示

マ行
慢性胃炎
慢性胃カタル
慢性胃腸炎
すべて表示

ヤ行
夜尿症
腰痛
夜なき

ラ行
リウマチ
溜飲
リンパ腺炎
すべて表示
茵蔯蒿湯(いんちんこうとう)
「尿量減少、やや便秘がちで比較的体力のある人」の次の症状に有効とされています。
黄疸 肝硬変症 ネフローゼ   
→よく使われる証:湿熱 
牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)
「疲れやすくて、四肢が冷えやすく尿量減少又は多尿で時に口渇がある人」の次の症状に有効とされています。
下肢痛 腰痛 しびれ      
→よく使われる証:陽虚 
五苓散(ごれいさん)
「口渇、尿量減少する人」の次の症状に有効とされています。
浮腫 ネフローゼ 二日酔           
→よく使われる証:湿熱 
猪苓湯(ちょれいとう)
「尿量減少、小便難、口渇を訴える人」の次の症状に有効とされています。
尿道炎 腎臓炎 腎石症      
→よく使われる証:湿熱 
茯苓飲(ぶくりょういん)
「吐きけや胸やけがあり尿量が減少する人」の次の症状に有効とされています。
胃炎 胃アトニー 溜飲 
→よく使われる証:湿痰 
茯苓飲合半夏厚朴湯(ぶくりょういんごうはんげこうぼくとう)
「気分がふさいで、咽喉、食道部に異物感があり、時に動悸、めまい、嘔気、胸やけなどがあり、尿量の減少する人」の次の症状に有効とされています。
不安神経症 神経性胃炎 つわり   
→よく使われる証:気滞 湿痰 
茯苓飲加半夏(ぶくりょういんかはんげ)
「胸やけ、げっぷ、吐き気があり尿量が少ない人」の次の症状に有効とされています。
胃炎 胃アトニー 
→よく使われる証:湿痰 
苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)
「腰に冷えと痛みがあって、尿量が多い人」の次の症状に有効とされています。
腰痛 腰の冷え 夜尿症 
→よく使われる証:湿痰 
苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)
「めまい、ふらつきがあり、又は動悸があり尿量が減少する人」の次の症状に有効とされています。
神経質 ノイローゼ めまい    
→よく使われる証:湿痰 
六味地黄丸料(ろくみじおうがんりょう)
「疲れやすくて尿量減少又は多尿で、ときに口渇がある人」の次の症状に有効とされています。
排尿困難 頻尿 むくみ  
→よく使われる証:陰虚 
分消湯(ぶんしょうとう)
「体力中等度以上で、尿量が少なくて、ときにみぞおちがつかえて便秘の傾向のある人」の次の症状に有効とされています。
むくみ 排尿困難 腹部膨満感 
→よく使われる証:湿熱 

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.