神経症の漢方薬

神経症|漢方薬
お客様ページ

HOME漢方薬の種類>神経症に有効な漢方薬

神経症に有効な漢方薬

■フリーワード検索



■症状別検索

ア行
赤ら顔
悪心
足腰の冷え
すべて表示

カ行
顔色
下肢痛
下肢の関節リウマチ
すべて表示

サ行
坐骨神経痛
産後
産後回復不全
すべて表示

タ行
帯下
体力低下
多汗
すべて表示

ナ行
夏やせ
軟便
にきび
すべて表示

ハ行
肺炎
肺結核
排尿困難
すべて表示

マ行
慢性胃炎
慢性胃カタル
慢性胃腸炎
すべて表示

ヤ行
夜尿症
腰痛
夜なき

ラ行
リウマチ
溜飲
リンパ腺炎
すべて表示
温経湯(うんけいとう)
「手足がほてり、唇がかわく人」の次の症状に有効とされています。
月経不順 月経困難 こしけ       
→よく使われる証:血虚 
温清飲(うんせいいん)
「皮膚の色つやが悪く、のぼせる人」の次の症状に有効とされています。
月経不順 月経困難 血の道症   
→よく使われる証:陰虚 
加味逍遥散(かみしょうようさん)
「体質虚弱な女性で肩がこり、疲れやすく、精神不安などの精神神経症状や便秘傾向にある人」の次の症状に有効とされています。
冷え症 虚弱体質 月経不順    
→よく使われる証:血虚 気滞 
加味帰脾湯(かみきひとう)
「虚弱体質で血色の悪い人」の次の症状に有効とされています。
貧血 不眠症 精神不安  
→よく使われる証:気虚 
加味温胆湯(かみうんたんとう)
「体力中等度以下で胃腸が虚弱な人」の次の症状に有効とされています。
神経症 不眠症 
→よく使われる証:気滞 湿熱 
芎帰調血飲(きゅうきちょうけついん)
「産後の神経症、体力が低下している人」の次の症状に有効とされています。
月経不順 
→よく使われる証:血虚 
柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)
「体力が弱く、冷え症、貧血気味で、動悸、息切れがあり、神経過敏の人」の次の症状に有効とされています。
更年期障害 血の道症 神経症  
→よく使われる証:血虚 気滞 
柴朴湯(さいぼくとう)
「気分がふさいで、咽喉、食道部に異物感があり、時に動悸、めまい、嘔気などを伴う人」の次の症状に有効とされています。
小児ぜんそく 気管支ぜんそく 気管支炎   
→よく使われる証:気滞 
女神散(にょしんさん)
「のぼせとめまいのある人」の次の症状に有効とされています。
産前産後の神経症 月経不順 血の道症 
→よく使われる証:気滞 
半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
「気分がふさいで、咽喉、食道部に異物感があり、ときに動悸、めまい、嘔気を伴う人」の次の症状に有効とされています。
不安神経症 神経性胃炎 つわり     
→よく使われる証:気滞 
半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)
「みぞおちがつかえ、ときに悪心、嘔吐があり食欲不振で腹が鳴って軟便又は下痢の傾向のある人」の次の症状に有効とされています。
急・慢性胃腸カタル はっ酵性下痢 消化不良         
→よく使われる証:気滞 
茯苓飲合半夏厚朴湯(ぶくりょういんごうはんげこうぼくとう)
「気分がふさいで、咽喉、食道部に異物感があり、時に動悸、めまい、嘔気、胸やけなどがあり、尿量の減少する人」の次の症状に有効とされています。
不安神経症 神経性胃炎 つわり   
→よく使われる証:気滞 湿痰 
抑肝散(よくかんさん)
「虚弱な体質で神経がたかぶる人」の次の症状に有効とされています。
神経症 不眠症 小児夜なき  
→よく使われる証:気滞 
抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)
「虚弱な体質で神経がたかぶる人」の次の症状に有効とされています。
神経症 不眠症 小児夜なき  
→よく使われる証:気滞 
九味檳榔湯(くみびんろうとう)
「体力中等度以上で、全身倦怠感があり、特に下肢の倦怠感が著しい人」の次の症状に有効とされています。
疲労倦怠感 更年期障害 動悸      
→よく使われる証:気滞 湿痰 

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.