食欲不振の漢方薬

食欲不振|漢方薬
お客様ページ

HOME漢方薬の種類>食欲不振に有効な漢方薬

食欲不振に有効な漢方薬

■フリーワード検索



■症状別検索

ア行
赤ら顔
悪心
足腰の冷え
すべて表示

カ行
顔色
下肢痛
下肢の関節リウマチ
すべて表示

サ行
坐骨神経痛
産後
産後回復不全
すべて表示

タ行
帯下
体力低下
多汗
すべて表示

ナ行
夏やせ
軟便
にきび
すべて表示

ハ行
肺炎
肺結核
排尿困難
すべて表示

マ行
慢性胃炎
慢性胃カタル
慢性胃腸炎
すべて表示

ヤ行
夜尿症
腰痛
夜なき

ラ行
リウマチ
溜飲
リンパ腺炎
すべて表示
安中散(あんちゅうさん)
「やせ型で腹部筋肉が弛緩する傾向にあり、胃痛又は腹痛があって、ときに胸やけ、げっぷ、食欲不振、はきけなどを伴う人」の次の症状に有効とされています。
神経性胃炎 慢性胃炎 胃アトニー 
→よく使われる証:気滞 
黄連湯(おうれんとう)
「胃部の停滞感や重圧感、食欲不振のある人」の次の症状に有効とされています。
急性胃炎 二日酔 口内炎 
→よく使われる証:気滞 
霍香正気散(かっこうしょうきさん)
次の症状に有効とされています。
夏の感冒 食欲不振 下痢  
→よく使われる証:気滞 
香砂六君子湯(こうしゃりっくんしとう)
「体力中等度以下で、気分が沈みがちで頭が重く、胃腸が弱く、食欲がなく、みぞおちがつかえて疲れやすく、貧血性で手足が冷えやすい人」の次の症状に有効とされています。
胃炎 胃腸虚弱 胃下垂     
→よく使われる証:気虚 湿痰 
柴苓湯(さいれいとう)
「吐き気、食欲不振、のどのかわき、排尿が少ない人」の次の症状に有効とされています。
水瀉性下痢 急性胃腸炎 暑気あたり  
→よく使われる証:湿痰 
十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)
次の症状に有効とされています。
病後の体力低下 疲労倦怠 食欲不振    
→よく使われる証:気虚 
小柴胡湯(しょうさいことう)
「体力中等度で上腹部がはって苦しく、舌苔を生じ、口中不快、食欲不振、時により微熱、悪心などのある人」の次の症状に有効とされています。
諸種の急性熱性病 肺炎 気管支炎        
→よく使われる証:気滞 
大柴胡湯(だいさいことう)
「比較的体力があり、便秘がちで、上腹部が張って苦しく、耳鳴り、肩こりなど伴う人」の次の症状に有効とされています。
胆石症 胆のう炎 黄疸              
→よく使われる証:湿熱 
人参養栄湯(にんじんようえいとう)
次の症状に有効とされています。
病後の体力低下 疲労けん怠 食欲不振    
→よく使われる証:気虚 血虚 
半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)
「みぞおちがつかえ、ときに悪心、嘔吐があり食欲不振で腹が鳴って軟便又は下痢の傾向のある人」の次の症状に有効とされています。
急・慢性胃腸カタル はっ酵性下痢 消化不良         
→よく使われる証:気滞 
平胃散(へいいさん)
「胃がもたれて消化不良の傾向のある人」の次の症状に有効とされています。
急・慢性胃カタル 胃アトニー 消化不良  
→よく使われる証:気滞 
補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
「消化機能が衰え、四肢けん怠感著しい虚弱体質の人」の次の症状に有効とされています。
夏やせ 病後の体力増強 結核症          
→よく使われる証:気虚 血虚 
六君子湯(りっくんしとう)
「胃腸が弱く、食欲がなく、みぞおちがつかえ、疲れやすく、貧血性で手足が冷えやすい人」の次の症状に有効とされています。
胃炎 胃アトニー 胃下垂     
→よく使われる証:気虚 湿痰 
活命参(かつめいさん)
次の場合の滋養強壮に有効とされています。
虚弱体質 肉体疲労 病中病後     
→よく使われる証:陽虚 陰虚 
霊鹿参(れいろくさん)
次の場合の滋養強壮に有効とされています。
虚弱体質 肉体疲労 病中病後     
→よく使われる証:陽虚 
能活精(のうかっせい)
次の場合の滋養強壮に有効とされています。
虚弱体質 肉体疲労 病中病後      
→よく使われる証:血虚 陰虚 

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.