通導散(つうどうさん)

通導散(つうどうさん)|漢方薬
お客様ページ

HOME漢方薬の種類>通導散

通導散(つうどうさん)

通導散(つうどうさん)の情報をお伝えします。
内容は、漢方薬メーカーの添付文書を参考に作成しています。 各社が公開している添付文書は、独立行政法人 医薬品医療機器総合機構のページで検索できます。
ご自身の証を確認したい場合は、体質チェックをお試しください。

通導散がよく使われる証


通導散がよく使われる証はこちら。


通導散に入っている生薬


通導散に入っている生薬はこちら。


通導散を五感で表現


通導散を五感で表現すると。

  • 黄褐色
  • 特異なにおい
  • えぐくて苦い

通導散の効能


「比較的体力があり、下腹部に圧痛があって便秘しがちな人」の次の症状に有効とされています。

  • 月経不順
  • 月経痛
  • 更年期障害
  • 腰痛
  • 便秘
  • 打ち身(打撲)
  • 高血圧の随伴症状(頭痛、めまい、肩こり)


通導散の使用上の注意


1 本剤を服用している間は、次の医薬品を服用しないでください。
 他の瀉下薬(下剤)
2 授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けてください。
3 次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)
(4)胃腸が弱く下痢しやすい人
(5)高齢者
(6)次の症状のある人
  むくみ
(7)次の診断を受けた人
  高血圧、心臓病、腎臓病
4 服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
  消化器:はげしい腹痛を伴う下痢、腹痛
5 まれに次の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
  偽アルドステロン症:手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。
  ミオパチー:手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。
6 服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
  下痢
7 1か月位(便秘に服用する場合には5~6日間)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
8 長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。


その他の情報


本剤は、漢方でいう瘀血の改善に用いる漢方薬です。お血は一種の血液循環障害と考えられ、打撲や外傷に伴う内出血やうっ血もお血で、慢性的な一種の体質としてお血がみられる場合もあります。この場合、自律神経や内分泌系との関係も示唆されています。

顔が赤いとか、唇や歯ぐきが暗赤色を帯びているといったことが、お血の目安となる場合もあります。また、ほかに便秘傾向、下腹部を押すと圧迫感がある、更年期にみられるようなイライラ、不安などの精神症状、からだの各部の痛みや凝りも一連のお血症状とみなされることがあります。本剤はこれらの緩和に効果があります。

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.