痔の漢方薬

痔|漢方薬
お客様ページ

HOME漢方薬の種類>痔に有効な漢方薬

痔に有効な漢方薬

■フリーワード検索



■症状別検索

ア行
赤ら顔
悪心
足腰の冷え
すべて表示

カ行
顔色
下肢痛
下肢の関節リウマチ
すべて表示

サ行
坐骨神経痛
産後
産後回復不全
すべて表示

タ行
帯下
体力低下
多汗
すべて表示

ナ行
夏やせ
軟便
にきび
すべて表示

ハ行
肺炎
肺結核
排尿困難
すべて表示

マ行
慢性胃炎
慢性胃カタル
慢性胃腸炎
すべて表示

ヤ行
夜尿症
腰痛
夜なき

ラ行
リウマチ
溜飲
リンパ腺炎
すべて表示
乙字湯(おつじとう)
「病状がそれほど激しくなく、体力が中位で衰弱していない人」の次の症状に有効とされています。
キレ痔 イボ痔 
→よく使われる証:湿熱 
芎帰膠艾湯(きゅうききょうがいとう)
次の症状に有効とされています。
痔出血 
→よく使われる証:血虚 
桂枝茯苓丸料(けいしぶくりょうがんりょう)
「体格はしっかりしていて赤ら顔が多く、腹部は大体充実、下腹部に抵抗のある人」の次の症状に有効とされています。
子宮及び付属器の炎症 子宮内膜炎 月経不順         
→よく使われる証:血瘀 
三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)
「体力中等度以上で、のぼせ気味で顔面紅潮し、精神不安やみぞおちのつかえ、便秘傾向などのある人」の次の症状に有効とされています。
高血圧 のぼせ 肩こり          
→よく使われる証:陰虚 気滞 
大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)
次の症状に有効とされています。
痔疾 
→よく使われる証:血瘀 
大柴胡湯(だいさいことう)
「比較的体力があり、便秘がちで、上腹部が張って苦しく、耳鳴り、肩こりなど伴う人」の次の症状に有効とされています。
胆石症 胆のう炎 黄疸              
→よく使われる証:湿熱 
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
「筋肉が一体に軟弱で疲労しやすく、腰脚の冷えやすい人」の次の症状に有効とされています。
貧血 倦怠感 更年期障害(頭重、頭痛、めまい、肩こり等)          
→よく使われる証:血虚 
補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
「消化機能が衰え、四肢けん怠感著しい虚弱体質の人」の次の症状に有効とされています。
夏やせ 病後の体力増強 結核症          
→よく使われる証:気虚 血虚 
紫雲膏(しうんこう)
次の症状に有効とされています。
火傷 痔核による疼痛 肛門裂傷 
→よく使われる証:血虚 陰虚 血瘀 

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.