頭痛の漢方薬

頭痛|漢方薬
お客様ページ

HOME漢方薬の種類>頭痛に有効な漢方薬

頭痛に有効な漢方薬

■フリーワード検索



■症状別検索

ア行
赤ら顔
悪心
足腰の冷え
すべて表示

カ行
顔色
下肢痛
下肢の関節リウマチ
すべて表示

サ行
坐骨神経痛
産後
産後回復不全
すべて表示

タ行
帯下
体力低下
多汗
すべて表示

ナ行
夏やせ
軟便
にきび
すべて表示

ハ行
肺炎
肺結核
排尿困難
すべて表示

マ行
慢性胃炎
慢性胃カタル
慢性胃腸炎
すべて表示

ヤ行
夜尿症
腰痛
夜なき

ラ行
リウマチ
溜飲
リンパ腺炎
すべて表示
葛根湯(かっこんとう)
「自然発汗がなく頭痛、発熱、悪寒、肩こり等を伴う比較的体力のある人」の次の症状に有効とされています。
感冒 鼻風邪 熱性疾患の初期     
→よく使われる証:湿痰 
桂枝茯苓丸料(けいしぶくりょうがんりょう)
「体格はしっかりしていて赤ら顔が多く、腹部は大体充実、下腹部に抵抗のある人」の次の症状に有効とされています。
子宮及び付属器の炎症 子宮内膜炎 月経不順         
→よく使われる証:血瘀 
桂枝人参湯(けいしにんじんとう)
「胃腸の弱い人」の次の症状に有効とされています。
頭痛 動悸 慢性胃腸炎  
→よく使われる証:陽虚 
五積散(ごしゃくさん)
「慢性に経過し、症状の激しくない人」の次の症状に有効とされています。
胃腸炎 腰痛 神経痛       
→よく使われる証:湿痰 
呉茱萸湯(ごしゅゆとう)
「手足の冷えやすい中等度以下の体力の人」の次の症状に有効とされています。
習慣性偏頭痛 習慣性頭痛 嘔吐  
→よく使われる証:陽虚 
五苓散(ごれいさん)
「口渇、尿量減少する人」の次の症状に有効とされています。
浮腫 ネフローゼ 二日酔           
→よく使われる証:湿熱 
柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)
「発熱汗出て、悪寒し、身体痛み、頭痛、はきけのある人」の次の症状に有効とされています。
感冒・流感・肺炎・肺結核などの熱性疾患 胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胆のう炎・胆石・肝機能障害・膵臓炎などの心下部緊張疼痛 
→よく使われる証:気滞 湿痰 
続命湯(ぞくめいとう)
「言葉のもつれや手足の知覚がにぶり、しびれを伴う人」の次の症状に有効とされています。
高血圧 めまい 耳鳴り        
→よく使われる証:湿痰 
釣藤散(ちょうとうさん)
「慢性に続く頭痛で中年以降、または高血圧の傾向のある人」に有効とされています。
→よく使われる証:陰虚 
通導散(つうどうさん)
「比較的体力があり、下腹部に圧痛があって便秘しがちな人」の次の症状に有効とされています。
月経不順 月経痛 更年期障害     
→よく使われる証:血瘀 
桃核承気湯(とうかくしょうきとう)
「比較的体力があり、のぼせて便秘しがちな人」次の症状に有効とされています。
月経不順 月経困難症 月経時や産後の精神不安    
→よく使われる証:血瘀 
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
「筋肉が一体に軟弱で疲労しやすく、腰脚の冷えやすい人」の次の症状に有効とされています。
貧血 倦怠感 更年期障害(頭重、頭痛、めまい、肩こり等)          
→よく使われる証:血虚 
当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)
「手足の冷えを感じ、下肢が冷えると下肢又は下腹部が痛くなり易い人」の次の症状に有効とされています。
しもやけ 頭痛 下腹部痛  
→よく使われる証:血虚 
半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)
「胃腸虚弱で下肢が冷え、めまい、頭痛がある人」に有効とされています。
→よく使われる証:湿痰 
麻黄湯(まおうとう)
「悪寒、発熱、頭痛、腰痛、自然に汗の出ない人」の次の症状に有効とされています。
感冒 インフルエンザ(初期の人) 関節リウマチ    
→よく使われる証:湿痰 
苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)
「めまい、ふらつきがあり、又は動悸があり尿量が減少する人」の次の症状に有効とされています。
神経質 ノイローゼ めまい    
→よく使われる証:湿痰 
環元清血飲(かんげんせいけついん)
「中年以降又は高血圧傾向のある人」の次の症状に有効とされています。
頭痛 頭重 肩こり   
→よく使われる証:血瘀 

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.