五行(ごきょう)|漢方用語

五行(ごきょう)|漢方用語
お客様ページ

HOME漢方用語>五行(ごきょう)

五行(ごきょう)

五行(ごきょう)についてご紹介します。 漢方用語は難解のことばが多いので、できるだけわかりやすく解説をしています。内容は、東洋医学概論(医道の日本社)、読体術~体質判別・養生編(農村漁村文化協会)を参考にしています。

五行とは


「木、火、土、金、水」の五種類の物質が五行です。

西洋の四大元素説(空気、火、土、水の4種類の元素で世界はできているという説)と比較されることもあります。しかし、五行説は、元素というとらえ方ではなく、あくまで気の思想がはじまりです。「形あるものは無形に生ず」五種類の気が、有形化してできたものなのです。

・木~葉や花が幹を覆っている大木をイメージしてください。この大木がすくすくと成長していく様子を表します。季節は、春。
・火~熱く燃え上がる炎。光り輝きエネルギーを放出している様をイメージしてください。季節は、夏。
・土~植物の生長に欠かせない栄養分たっぷりの土。万物の生育を助け、保護する性質を表しています。季節の変わり目。
・金~土の中で光り輝いている鉱物(金属)のこと。冷えて固まって確実な性質は、金属そのものです。季節は、秋。
・水~泉からとどまることなく湧き出てくる水。命の泉です。胎内の様子を思い浮かべましょう。季節は、冬。

五行のおこり


古代中国。紀元前です。その広大な風土をイメージしてみてください。

皆さまご存じの巨大河川、黄河を中心として周辺は土の色で染まり、常に自然現象との戦いを強いられていました。古代中国に暮らす人々が、日常の生活とその生産活動の中から、不可欠の基本物質として認識したものが、五行(ごぎょう)の概念です。五行思想や五行説と呼ばれることもあります。

これら五行は、戦国時代の末期には、相克の関係があることが発見されました。

相克とは、特定の相手方を抑制するということです。また、相生といって、特定の相手を援助するということも発見されました。その後は、陰陽論と合体し、政治や社会活動の規範として活用されました。

五行の歴史


五行の「木、火、土、金、水」を表した古典「書経」で説明してみます。

・木から。「木は曲直をいう。酸をなす。」曲直とは、樹木の生長する様であり、枝が曲がったり伸びたりを切り返しながら、上や外へ伸びる様子を表しています。このことを基本に、成長、上昇などの伸び伸びした作用や性質を備えている事象を、木としています。

・火の特性です。「火や炎上をいう。苦をなす。」炎上とは、火が熱をもち、上昇していく様子をさします。このことから、温熱や上昇する事象を火としています。

・土の特性です。「土はここに稼しょくす。甘をなす。」稼しょくとは、種をまくことと農作物を収穫することを指します。このことから、生命、継承などの事象を土に帰属します。

・金の特性です。「金は従革という。辛をなす。」従革とは、変革の意味です。このことから、清潔や収れんなどの作用がある事象は、金に帰属することになります。

・水の特性です。「水は潤下という。かんをなす。」水が持っている潤す作用や下に向かう作用をいいます。このことから、滋潤や下へ事物を運ぶことなどの事象は、水に帰属します。

五行の臓器


東洋医学を体系化する上で、大きな臓器をどのように位置づけるかを重要視しました。その結果、次のように位置づけられたのです。

・木=肝  「肝(かん)」は、「気」や「血」がスムーズに体内を巡るように調整する役割を担っています。感情や自律神経とも関連し、ストレスなどにも影響されや膵臓器です。肝臓とは、若干イメージが異なります。

・火=心  「心(しん)」は、心拍動や血液の循環エンジンである心臓と同じ働きをします。と同時に、意識や思考や睡眠などの精神活動とも関連しています。現代医学でいう大脳です。私たちの体を動かす司令塔です。

・土=脾  「脾(ひ)」は、消化吸収をして生命力を補充する役割で、胃腸や膵臓と関係しています。飲食物から得る栄養素をエネルギーに変える働きです。また、「水」や「気」を動かす原動力の働きをします。

・金=肺  「肺(はい)」は、呼吸のほか水分代謝や皮膚の調整役や免疫機能との関係があります。現代医学の肺よりも多くの機能を担っています。脾によって運ばれた「水」を、肺が全身に散布するという働きも担います。

・水=腎  「腎(じん)」は、現代医学の腎臓が行う水分の代謝を行います。また、人間の成長や発育、生殖に関連しています。先天的な生命力をここで受け継ぎ、一生涯の体の状態を左右します。



サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.