湿痰(しったん)|漢方用語

湿痰(しったん)|漢方用語
お客様ページ

HOME漢方用語>湿痰(しったん)

湿痰(しったん)

湿痰(しったん)についてご紹介します。 漢方用語は難解のことばが多いので、できるだけわかりやすく解説をしています。内容は、東洋医学概論(医道の日本社)、読体術~体質判別・養生編(農村漁村文化協会)を参考にしています。

湿痰(しったん)


湿痰とは、体内の「水」が滞っている証です。

どんなタイプ?


湿痰タイプの方の外見は、皮膚は柔らかく、むくみがちです。元気がなく疲れやすく、少し動くと息切れや動悸をします。

余分な「水」は、重くて冷たく身体中に水たまりをつくります。色白で肥満という体質の方が多く、皮膚はむくんでいます。少し動くだけで汗が出て、動悸息切れが目立ちます。雨や湿度の多い日は、苦手なタイプです。そういう日は、余分な「水」が「気」「血」の循環を邪魔します。倦怠感、手足のだるさ、めまい、頭痛、静脈瘤などの症状が出ることも。

何かにつけて、飲み物に手が伸びる習慣があります。不必要な水分が多いため、鼻水も多く出て、トイレの回数も多くなります。

湿痰を知る


「水」は、東洋医学では、「津液(しんえき)」といっています。この津液、気、血と同様に、体と心のバランスをとるためにとても重要です。体を潤し、間接や筋肉の動きをなめらかにする働きがあります。しかし、必要以上に多くなれば、もちろん弊害が出ます。それが、上記の症状となって現れてきます。また、気、血の働きにも悪影響を与える厄介者となってしまうこともあります。

余った水は、「湿」となり、更に進むと固まって「痰」となります。「痰」は、肺や気管支のほか、体中の至る所で発生します。

「水」は、重くて冷たい性質があります。「湿痰」タイプは、体中に水袋を抱えて生活しているようなもの。体が重くなるのは無理ありません。気温にも左右されます。寒がりで暑がりなのです。雨の日や湿気が多い日は、特に反応して調子が悪くなります。

気血の動きを怠慢にさせることから、倦怠感、手足のだるさ、めまい、頭痛といった症状が表れます。睡眠不足にも悩まされます。「湿」によって、お腹がごろごろし、また胸やお腹が苦しいことも多いですね。水分超過のため、小便や鼻水が多く色が薄く、下痢の傾向に。少し動くだけで、汗もたくさん出ます。

皮膚や手足の末端に「湿」が貯まることで、冷えにつながります。むくみや湿疹、ときにはかゆみといった症状も出てきます。「湿」が気の働きを鈍くしている症状もあちこちに。

湿痰タイプの舌と脈


舌はぽっちゃりとしていて、厚ぼったい感じです。舌にも「湿」の影響が出ています。舌苔(ぜったい)が、舌の表面をべたっと覆っています。表面は、水分でぬれ、テカっていることもあります。「湿」で熱が奪われ、白っぽいことも。手首に指を押し当てて、脈をとってみましょう。ぽちゃぽちゃしている感じがします。

かかりやすい病気の例


湿痰タイプの方が、かかりやすい病気は次のとおり。

・アレルギー性鼻炎
・花粉症
・アトピー性皮膚炎
・肺水腫
・気管支拡張性
・慢性気管支炎

湿痰(しったん)の解説(動画)





サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.