水(すい)|漢方用語

水(すい)|漢方用語
お客様ページ

HOME漢方用語>水(すい)

水(すい)

水(すい)についてご紹介します。 漢方用語は難解のことばが多いので、できるだけわかりやすく解説をしています。内容は、東洋医学概論(医道の日本社)、読体術~体質判別・養生編(農村漁村文化協会)を参考にしています。

水(すい)


「水」は、津液(しんえき)とも言われ、「津」と「液」が合成されたものです。体内の水分を総称した呼び名です。血で説明したとおりですが、水の源は飲食物で、脾胃、小腸で消化されつくり出されます。

「津」とは、陽性の水分。粘りけがなく、主として体表部分を潤し、体温調整に重要なものです。また、汗や尿となって、外に放出されます。

「液」とは、陰性の水分です。粘りけがあり、体内をゆっくり流れます。骨や髄を潤します。目、鼻、口の粘膜や皮膚に潤いを与えます。

水の流れ



脾胃でつくられた水は、脾によって上にある「肺」に送られます。肺は、その水を全身に散布します。スプリンクラーのように。全身にまかれた水は、「腎」によって管理されます。不要物は膀胱に送られ、尿として輩出されます。

古典「霊枢」での説明です。

「水穀みな口にし、その味に五あり。各々その海に注ぐ。水各々その道を走る。故に三焦気を出し、もって肌肉を温め、皮膚を充す。それを津と為す。その流れて行らざるものを液と為す。」

水(すい)の解説(動画)





サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.