口内炎しびれアレルギー性鼻炎の漢方薬?

口内炎しびれアレルギー性鼻炎の漢方薬?
お客様ページ

HOME症状・病気・体質改善の漢方薬【通販事例】頭・顔アレルギー性鼻炎>口内炎しびれアレルギー性鼻炎の漢方薬?

口内炎しびれアレルギー性鼻炎の漢方薬? (46歳 女性)

症状は、口内炎が頻回で、1度に3、4個もでき、治ってもまたすぐ出てきます。ぎっくり腰をやってから時々腰痛があり、ももから足にかけて軽いしびれがあります。

アレルギー性鼻炎、花粉症があり、花粉が飛ぶ季節になると、くしゃみ、鼻水がでてつらいです。なお、自分では感じないんですが、触ると腰からお尻が冷たくて冷えています。下剤は使ったことはありません 。

便が2日から4日出ないことがありますが、硬い便だったり、時々便がゆるくなったりするので、下剤を使わずに自然にまかせていますが、便通が整えばいいなと思っています(ただ、下剤はあまり使いたくないです。)。

ご相談者の体質を漢方的にみた結果



気虚 陰虚 

体質チェックの項目を表示

症状・体質改善の漢方処方の考え方 担当:堀口和彦先生



口内炎やアレルギー性鼻炎、腰痛などにお悩みですね。体質チェックの結果を拝見すると、陰虚と気虚が高く出ています。これは、体液やリンパ液が不足している状態を示します。

口内や鼻粘膜が乾燥して、カサカサしているので、口内の細菌やウイルスなどにすぐに負けて、炎症を起こしているのです。また、大便が硬いようですので、大腸の粘膜も潤いが不足しているようです。便通は、自律神経の働きを調整するれば、下剤なしでスッキリするようになると思います。口内炎は、やはり鼻や口内の粘膜を潤すことから改善していきましょう。

このようなことから、加味逍遥散と荊芥連翹湯がよいでしょう。

処方された漢方薬 担当:堀口和彦先生



加味逍遥散
加味逍遥散は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、排便や血行を調整して冷えや便秘などを改善します。
荊芥連翹湯
荊芥連翹湯は、粘膜を潤し、アレルギー性鼻炎や口内炎を改善します。
事前漢方相談

漢方薬のご購入前に、無料相談をご利用ください。
体質チェック後、ご相談内容をご記入いただけます。
堀口和彦先生(薬剤師)が、体質判定の結果とお悩みの
症状から、漢方薬による治療方針をメールで回答します。

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.