記憶障害が進まない認知症の漢方薬?

記憶障害が進まない認知症の漢方薬?
お客様ページ

HOME症状・病気・体質改善の漢方薬【通販事例】頭・顔アルツハイマー型認知症>記憶障害が進まない認知症の漢方薬?

記憶障害が進まない認知症の漢方薬? (74歳 女性)

4年前に胃石症で、胃から腸に石が落ちて腸閉塞を起こし、2回手術をしました。

現在は体の調子というよりも、記憶障害があり物忘れがひどいです。健忘とは明らかに違います。病院でCT撮影しても、脳の萎縮はほとんど見られません。しかし、質問による検査をすると記憶障害が認められるので、認知症初期の疑いがあると言われました。

また、顔の皮膚がひどく荒れていて、皮膚が青っぽくなってきています。病院では、かぶれと言われ薬をもらいましたが、処方してもらった塗り薬を効かないと言ってすぐ止めてしまうので、いっこうによくなりません。

今回、漢方薬をお願いする一番の目的は、これ以上、記憶障害が進まないようにしたいのが、一番の目的です。

ご相談者の体質を漢方的にみた結果



血虚 陰虚 気虚 気滞 血瘀 

体質チェックの項目を表示

症状・体質改善の漢方処方の考え方 担当:堀口和彦先生



お母様の認知症にお悩みとのことですね。短期記憶を司る海馬の働きは、感情に大きく左右されます。健康な人でも、感情的にインパクトがあると記憶が深く鮮明になりますね。

一方感情が不安定でイライラし不安感がある時は、記憶力は低下します。これは海馬にそばにある扁桃が関与しています。認知症の進行を遅らせることは可能です。

そのためには、お母様の感情を安定化させることが大切です。体質チェックの結果を拝見すると、血虚と陰虚が高く出ています。血虚は、脳へ十分な酸素と栄養分を送り込む血が不足してことを示します。

そこで、今回は加味帰脾湯をご用意します。

処方された漢方薬 担当:堀口和彦先生



加味帰脾湯
加味帰脾湯は、胃腸の働きを高め、消化吸収を促進して、血を増やし、脳への酸素と栄養分の供給を増進します。熟睡感を高める作用もあります。
事前漢方相談

漢方薬のご購入前に、無料相談をご利用ください。
体質チェック後、ご相談内容をご記入いただけます。
堀口和彦先生(薬剤師)が、体質判定の結果とお悩みの
症状から、漢方薬による治療方針をメールで回答します。

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.