こめかみを締める頭痛の漢方薬?

こめかみを締める頭痛の漢方薬?
お客様ページ

HOME症状・病気・体質改善の漢方薬【通販事例】頭・顔緊張型頭痛>こめかみを締める頭痛の漢方薬?

こめかみを締める頭痛の漢方薬? (32歳 男性)

主な症状として、両側のこめかみを締め付けるような鈍痛が毎日欠かすことなく続きます。この頭痛の程度が倦怠感の現われに、比例するような感じで、かれこれ10年間苦しんでいます。

加えて焦燥感や首痛がかなりあり、肩も多少凝り気味です。以前に緊張性頭痛と病院で診断され、現在緊張を和らげるお薬を服用中です。

ご相談者の体質を漢方的にみた結果



血虚 陽虚 気滞 気虚 陰虚 血瘀 

体質チェックの項目を表示

症状・体質改善の漢方処方の考え方 担当:堀口和彦先生



緊張型の頭痛にお悩みとのことですね。焦燥感や手のひらの汗、首肩の凝りも強いようですね。自律神経の働きが大きく関与しているようです。

体質チェックの結果を拝見すると、血虚と陽虚、気滞が高くなっています。血虚は、脳や筋肉、内臓などに酸素と栄養分を送り込む血が不足していることを示します。陽虚はホルモンの働きの低下を示し、気滞は自律神経の働きが乱れていることを示します。

そこで、桂枝加竜骨牡蛎湯と加味帰脾湯を組み合わせてご用意します。

処方された漢方薬 担当:堀口和彦先生



桂枝加竜骨牡蛎湯
桂枝加竜骨牡蛎湯は、心身の緊張感を緩和して、自律神経の働きを調整して、頭痛や肩こり、不眠などを改善します。
加味帰脾湯
加味帰脾湯は、血を補い、脳や筋肉などを十分な酸素と栄養分を運び、不眠や頭重、血色などを改善します。
事前漢方相談

漢方薬のご購入前に、無料相談をご利用ください。
体質チェック後、ご相談内容をご記入いただけます。
堀口和彦先生(薬剤師)が、体質判定の結果とお悩みの
症状から、漢方薬による治療方針をメールで回答します。

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.