過敏性腸症候群ガス型の不安の漢方薬?

過敏性腸症候群ガス型の不安の漢方薬?
お客様ページ

HOME症状・病気・体質改善の漢方薬【通販事例】頭・顔口内炎>過敏性腸症候群ガス型の不安の漢方薬?

過敏性腸症候群ガス型の不安の漢方薬? (38歳 女性)

20年来、空気嚥下症、過敏性腸症候群ガス型、常に不安感、緊張感、悲壮感あり、ドキドキしているので、体質改善したいです。

一日中ずーっとおならが止まらず、ぶすぶすと、くすぶり出続けていじめをうけています。

色白、常に体が冷えていて、睡眠が浅いです。皮膚が敏感肌で乾燥し、おしっこが近く回数がやたら多く、強い口臭があります。胃が痛んだりむかついたりし、体力はなく舌の色は薄く潤っていて白っぽく斑点があります。舌に歯形はないですが、意欲や食欲はあまりないほうです。

みぞおちにもやもや感、重さがあり、口の中が苦く、口内炎が多く、汗がやたら少なくほとんどかけない状態です。普段は健康便で一日二回排便あり。常に腸内が異常発酵してポコポコと発酵の音が腹から聞こえます。私にはどんな漢方があっているのでしょうか?

ご相談者の体質を漢方的にみた結果



気虚 陽虚 血虚 陰虚 気滞 湿熱 湿痰 血瘀 

体質チェックの項目を表示

症状・体質改善の漢方処方の考え方 担当:堀口和彦先生



空気嚥下症や過敏性腸症候群ガス型で、不安感や緊張感、悲壮感などにお悩みとのことですね。

体質チェックの結果を拝見すると、血虚が一番高く、気虚と陽虚が次に高くなっています。胃腸には空気が多いようですが、血液中には酸素が不足しているようです。血は、脳や筋肉などへ酸素と栄養分を供給します。その供給が不足してようです。

この改善には、加味帰脾湯がお勧めです。

処方された漢方薬 担当:堀口和彦先生



加味帰脾湯
加味帰脾湯は、胃腸の働きを高め、消化吸収を促進して、血を増やし、脳への酸素と栄養分の供給を増進します。熟睡感を高める作用もあります。
事前漢方相談

漢方薬のご購入前に、無料相談をご利用ください。
体質チェック後、ご相談内容をご記入いただけます。
堀口和彦先生(薬剤師)が、体質判定の結果とお悩みの
症状から、漢方薬による治療方針をメールで回答します。

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.