メニエール病と睡眠の改善の漢方薬?

メニエール病と睡眠の改善の漢方薬?
お客様ページ

HOME症状・病気・体質改善の漢方薬【通販事例】頭・顔メニエール病>メニエール病と睡眠の改善の漢方薬?

メニエール病と睡眠の改善の漢方薬? (29歳 男性)

現在喘息とメニエール病を患っています。喘息は朝夕吸引しています。症状は低め安定と医師には言われています。メニエール病は、去年3月に突発性難聴から始まり、1~2ヶ月周期で難聴と耳鳴りを繰り返しています。

症状的には初期のメニエール病、軽度難聴と診断されました。また、私は車で一時半程度通勤しているのですが、ここ2年位眠りが浅くなり、運転中の眠気がひどく困っています。できれば、漢方薬でメニエール病の症状と睡眠の改善になればと思っています。

ご相談者の体質を漢方的にみた結果



血虚 気滞 陽虚 陰虚 気虚 湿熱 湿痰 

体質チェックの項目を表示

症状・体質改善の漢方処方の考え方 担当:堀口和彦先生



メニエール病と睡眠にお悩みですね。眠りの浅さは、咳や痰、鼻水などの息苦しさで、睡眠を妨害していますか。睡眠は、ヒスタミンの影響を受けます。ヒスタミンは脳内で働くと、覚醒や集中力を高める作用があります。

ヒスタミンが脳内に少なくなると、注意力が散漫になり眠くなります。シングレアはアレルギーの薬ですが、抗ヒスタミン作用でなく、抗ロイコトリエン作用ですので、眠くならないはずですが、体内のヒスタミン分泌のタイミングが乱れているようですね。この辺の改善が必要ですね。

そこで、柴胡加竜骨牡蛎湯と荊芥連翹湯をご用意します。

処方された漢方薬 担当:堀口和彦先生



柴胡加竜骨牡蛎湯
柴胡加竜骨牡蛎湯は、心身の緊張感を緩和して、気の高ぶりを鎮め不眠を解消して、熟睡感を高め、昼間の眠気を改善します。
荊芥連翹湯
荊芥連翹湯は、耳や鼻周辺の炎症を鎮め、耳への血液やリンパ液の流れを促進して、内耳の三半規管や前庭の働きを正常化して、めまいや耳鳴りを改善します。
事前漢方相談

漢方薬のご購入前に、無料相談をご利用ください。
体質チェック後、ご相談内容をご記入いただけます。
堀口和彦先生(薬剤師)が、体質判定の結果とお悩みの
症状から、漢方薬による治療方針をメールで回答します。

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.