慢性扁桃炎で喘息・のど痛咳の漢方薬?

慢性扁桃炎で喘息・のど痛咳の漢方薬?
お客様ページ

HOME症状・病気・体質改善の漢方薬【通販事例】頭・顔のど痛>慢性扁桃炎で喘息・のど痛咳の漢方薬?

慢性扁桃炎で喘息・のど痛咳の漢方薬? (39歳 男性)

慢性扁桃炎、喘息、のどに痛みがあり時折咳が出ます。夜に喘息の発作が出る時があります。疲れやすく、のどの痛みや違和感に悩んでいます。夜に喘息発作が一回は出て苦しくなります。最近、イライラも増えました。

ご相談者の体質を漢方的にみた結果



陽虚 気滞 血瘀 

体質チェックの項目を表示

症状・体質改善の漢方処方の考え方 担当:堀口和彦先生



のどの痛みや鼻づまり、夜間の咳にお悩みとのことですね。

体質チェックの結果を拝見すると、陽虚や気滞などが高く出ています。ホルモンと自律神経の働きが乱れ、気管の調整や鼻やのどの粘膜の充血炎症などが発症しているようです。

今回は荊芥連翹湯をご用意します。

ステロイド吸入は継続してください。また、自律神経の働きを調整して、喘息発作予防に腹式呼吸がお勧めです。香辛料系の辛いものや、チョコレート、コーヒー、ナッツ類は控えてください。

処方された漢方薬 担当:堀口和彦先生



荊芥連翹湯
荊芥連翹湯は、のどや鼻周辺のリンパ節の炎症を鎮めて、鼻づまりや扁桃炎などを改善します。
事前漢方相談

漢方薬のご購入前に、無料相談をご利用ください。
体質チェック後、ご相談内容をご記入いただけます。
堀口和彦先生(薬剤師)が、体質判定の結果とお悩みの
症状から、漢方薬による治療方針をメールで回答します。

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.