脊柱管狭窄症と坐骨神経痛の漢方薬?

脊柱管狭窄症と坐骨神経痛の漢方薬?
お客様ページ

HOME症状・病気・体質改善の漢方薬【通販事例】頭・顔のどのつかえ>脊柱管狭窄症と坐骨神経痛の漢方薬?

脊柱管狭窄症と坐骨神経痛の漢方薬? (63歳 女性)

3年前からのどのつまりの症状があり、脊柱管狭窄症と診断されました。坐骨神経痛もあります。

ご相談者の体質を漢方的にみた結果



血虚 陰虚 気滞 湿痰 陽虚 気虚 血瘀 湿熱 

体質チェックの項目を表示

症状・体質改善の漢方処方の考え方 担当:堀口和彦先生



脊柱管狭窄症と坐骨神経痛もあるとのことですね。体質チェックの結果を拝見すると、気滞が一番高く、血虚が次高く出ています。のどの詰まり感は、心身の緊張により、気がのど付近に停滞して、閉塞感をもたらしていると思います。

そこで、今回は柴胡加竜骨牡蛎湯と通導散を組み合わせてご用意します。

処方された漢方薬 担当:堀口和彦先生



柴胡加竜骨牡蛎湯
柴胡加竜骨牡蛎湯は、心身の緊張感を緩和して、肩こりやイライラ、不安感、不眠などを改善して、気のめぐりをスムーズにして、のどの違和感を軽減します。
通導散
通導散は、骨盤内の停滞を通じ導き出す作用があります。骨盤内の宿便をすっきりさせて、血行を促進して、腰痛や坐骨神経痛を緩和します。
事前漢方相談

漢方薬のご購入前に、無料相談をご利用ください。
体質チェック後、ご相談内容をご記入いただけます。
堀口和彦先生(薬剤師)が、体質判定の結果とお悩みの
症状から、漢方薬による治療方針をメールで回答します。

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.