貧血・立ちくらみ月経血量の減少の漢方薬?

貧血・立ちくらみ月経血量の減少の漢方薬?
お客様ページ

HOME症状・病気・体質改善の漢方薬【通販事例】頭・顔立ちくらみ>貧血・立ちくらみ月経血量の減少の漢方薬?

貧血・立ちくらみ月経血量の減少の漢方薬? (32歳 女性)

長年、健康診断の際に軽度の貧血と診断されますが、日常生活では少しの立ちくらみくらいでこれと言った支障はなかったため、これまで見て見ぬふりをしていました。

ですが、だんだん月経の出血量が減ってきたり、立ちくらみの頻度が増えたり、顔色は常に青白く、毎日体がだるく覇気がないように感じてきまして、将来こどもをもうけるためにも生活・体質改善が必要なのではないかと考えるようになりました。

しかし、どの症状も病院に行くまでではないと思い、漢方などで地道に体質改善していければと思っています。特に貧血をどうにかしたいです。

ご相談者の体質を漢方的にみた結果



気虚 血虚 湿痰 血瘀 陽虚 気滞 陰虚 

体質チェックの項目を表示

症状・体質改善の漢方処方の考え方 担当:堀口和彦先生



貧血による立ちくらみやだるさ、月経血量の減少などにお悩みとのことですね。体質チェックの結果を拝見すると、血虚や気虚、湿痰などが高く出ています。

血が不足して、血行不良を起こし、静脈血とリンパ液の流れが停滞しているようです。その結果、むくみやだるさなどを起こしています。

これらの改善には、温経湯がお勧めです。

温経湯は、当帰芍薬散より、胃腸の働きを調整する作用があります。人参が入り、おりものの改善にもよく、呉茱萸も入り頭痛が起こりやすい体質の方に向いています。

処方された漢方薬 担当:堀口和彦先生



温経湯
温経湯は、血を補い子宮卵巣の働きを高めて、生理周期や月経血を調整します。不安感や睡眠の浅さを改善する作用もあります。さらに、水分代謝を調整する作用もあり、おりものや頭痛などを改善する作用もあります。
事前漢方相談

漢方薬のご購入前に、無料相談をご利用ください。
体質チェック後、ご相談内容をご記入いただけます。
堀口和彦先生(薬剤師)が、体質判定の結果とお悩みの
症状から、漢方薬による治療方針をメールで回答します。

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.