頭重感やひどい頭痛の副鼻腔炎の漢方薬?

頭重感やひどい頭痛の副鼻腔炎の漢方薬?
お客様ページ

HOME症状・病気・体質改善の漢方薬【通販事例】頭・顔頭重>頭重感やひどい頭痛の副鼻腔炎の漢方薬?

頭重感やひどい頭痛の副鼻腔炎の漢方薬? (44歳 女性)

副鼻腔炎がひどくなり、2年前に内視鏡で鼻腔内を広げる手術を日帰りでしました。一時的に症状は改善されましたが、症状が徐々に悪化しました。

現在は、頭重感、ひどい頭痛に毎日悩まされています。更年期に入ったのか、月経が不順になってきました。高血圧があり3年前ぐらいから降圧薬を就寝前に内服しています。夏場は血圧は高くならないので、夏場は休薬しています。

ご相談者の体質を漢方的にみた結果



血虚 陰虚 血瘀 湿痰 気滞 湿熱 陽虚 

体質チェックの項目を表示

症状・体質改善の漢方処方の考え方 担当:堀口和彦先生



慢性副鼻腔炎による頭重感や頭痛などにお悩みですね。体質チェックの結果を拝見すると、血虚が一番高く、陰虚と血瘀、湿痰も高くなっています。

鼻粘膜や頭部へ血が十分に巡らず、酸素と栄養分が不足しているようです。その結果、頭部が酸欠になり、頭が重く痛くなっているようです。

そこで今回は、荊芥連翹湯と防風通聖散を組み合わせてご用意しましょう。下剤の作用は荊芥連翹湯と組み合わせることでマイルドになります。

処方された漢方薬 担当:堀口和彦先生



荊芥連翹湯
荊芥連翹湯は、鼻粘膜を潤し、炎症と鎮め、粘膜に溜まった老廃物を解毒します。それによって、鼻づまりや頭重感を緩和します。
防風通聖散
防風通聖散は、体内の新陳代謝を活性化して、体内特に頭部に溜まった老廃物をきれいにします。便通を促進する作用がありますので、多少排便回数や量が増えると思います。
事前漢方相談

漢方薬のご購入前に、無料相談をご利用ください。
体質チェック後、ご相談内容をご記入いただけます。
堀口和彦先生(薬剤師)が、体質判定の結果とお悩みの
症状から、漢方薬による治療方針をメールで回答します。

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.