更年期でホットフラッシュと冷えの漢方薬?

更年期でホットフラッシュと冷えの漢方薬?
お客様ページ

HOME症状・病気・体質改善の漢方薬【通販事例】ホルモン更年期障害>更年期でホットフラッシュと冷えの漢方薬?

更年期でホットフラッシュと冷えの漢方薬? (29歳 女性)

年齢的に更年期で、ここ3年程、とにかくホットフラッシュ及び足の冷え(足首)がすごいです。朝とてものどが渇きサプリメント(グルコサミン等)と共に水を飲んでいます。昨年夏は帯状疱疹ができ今は完治しております。坐骨神経痛もあり足のかかとが痛みます。

ご相談者の体質を漢方的にみた結果



気滞 血瘀 血虚 陽虚 陰虚 

体質チェックの項目を表示

症状・体質改善の漢方処方の考え方 担当:堀口和彦先生



更年期には、ホルモンの大きな変動があり、そのダイナミックな変動を調節しているは脳下垂体にあります。この脳下垂体のすぐ上に、視床下部があり、こちらは自律神経の調節をしています。隣り合った部位ですので、ホルモンの大変動は自律神経の乱れを起こします。これが更年期障害です。

漢方では、証に合わせて、ホルモンと自律神経の働きを調和させて、更年期障害を鎮めていきます。体質チェックの結果では、気滞と血瘀が特に高く出ています。

これらを改善するために、柴胡加竜骨牡蛎湯と女神散をご用意します。

処方された漢方薬 担当:堀口和彦先生



柴胡加竜骨牡蛎湯
柴胡加竜骨牡蛎湯は、自律神経に働きかけて、のぼせや不眠などを改善します。
女神散
女神散は、ホルモンの働きを調整して、のぼせやフワフワ感、手足末端の冷えを改善します。
事前漢方相談

漢方薬のご購入前に、無料相談をご利用ください。
体質チェック後、ご相談内容をご記入いただけます。
堀口和彦先生(薬剤師)が、体質判定の結果とお悩みの
症状から、漢方薬による治療方針をメールで回答します。

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.