リウマチ・膝痛・だるさやむくみの漢方薬?

リウマチ・膝痛・だるさやむくみの漢方薬?
お客様ページ

HOME症状・病気・体質改善の漢方薬【通販事例】ホルモンリウマチ>リウマチ・膝痛・だるさやむくみの漢方薬?

リウマチ・膝痛・だるさやむくみの漢方薬? (39歳 女性)

2年ほど前にリウマチが悪化して膝、股関節、足首、足指、手首、指、肘等の間接が痛いです。特に膝が悪く、立ち上がる時にとても痛みます。だるさやむくみも強く、筋肉痛の様な痛みもあります。

今はリウマチの薬は飲んでいませんが、ロキソニンを飲まないとベッドから起き上がる事もできません。なるべくリウマチの薬は飲みたくないので、漢方薬で良くなるのでしたら続けていきたいと思います。

ご相談者の体質を漢方的にみた結果



気虚 気滞 湿痰 血瘀 陽虚 血虚 陰虚 湿熱 

体質チェックの項目を表示

症状・体質改善の漢方処方の考え方 担当:堀口和彦先生



リウマチの発症には、女性の場合出産や閉経などホルモンの変動が契機になることがよくあります。現在の体調を体質チェックの結果から拝見すると、気虚と気滞が強く出ています。まず気の巡りをよくして気分を改善しましょう。

香蘇散と抑肝散を合方したものをご用意します。その後には五積散というリウマチの関節炎を抑えながら、胃腸の働きも改善する漢方薬を併用するとよいと思います。今回はまず香蘇散と抑肝散で精神的な安定や不安感を改善しましょう。

処方された漢方薬 担当:堀口和彦先生



香蘇散
香蘇散は、のどから肺のリンパ液の流れを良くして、のどから胸付近の緊張を取ります。
抑肝散
抑肝散は、心身の緊張やイライラ感を鎮め、血行を改善して手足を温める作用があります。
事前漢方相談

漢方薬のご購入前に、無料相談をご利用ください。
体質チェック後、ご相談内容をご記入いただけます。
堀口和彦先生(薬剤師)が、体質判定の結果とお悩みの
症状から、漢方薬による治療方針をメールで回答します。

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.