気力がなく疲れ・イライラ・口内炎の漢方薬?

気力がなく疲れ・イライラ・口内炎の漢方薬?
お客様ページ

HOME症状・病気・体質改善の漢方薬【通販事例】ホルモン産後>気力がなく疲れ・イライラ・口内炎の漢方薬?

気力がなく疲れ・イライラ・口内炎の漢方薬? (31歳 女性)

今一番辛いのは気力がなくて、疲れやすいのとイライラしやすい。アレルギー鼻炎と口内炎も治りにくいです。うつ病の病歴がありますまして、現在お薬は服用してません。ピルは避妊目的で服用しています。離乳食に変えましたので授乳はしていません。

ご相談者の体質を漢方的にみた結果



気虚 血虚 陰虚 陽虚 気滞 血瘀 湿痰 湿熱 

体質チェックの項目を表示

症状・体質改善の漢方処方の考え方 担当:堀口和彦先生



体質チェックの結果をみると、8つの体質がすべて上がってしまいましたね。順位でみると、血虚が一番高くその次に気虚でさらに陰虚となっています。

産後とのことですので、血虚と陰虚が高くなるのは一般的です。つまり、出産での出血で大量の血を失うことと、発汗などによる体液の消耗があり、血虚と陰虚をもたらすのです。

女神散という漢方薬がよいと思います。気力、疲れやすさ、イライラ感さらに口内炎は女神散で改善できます。

産後は更年期と同様に女性ホルモンが大きく変動します。ホルモンの調節は、脳下垂体という大脳の下で眼球の奥にある部位で行っています。このすぐ上に視床下部があり、こちらは自律神経の働きを調節しています。双方が密接に関係しているので、ホルモンが大変動すると、自律神経もどうしても変動します。それが産後の精神的な症状を引き起こす要因です。

ですので、産前産後は細かく目を使う作業を控えることや、授乳による子宮の回復やホルモンバランスの調整をすることが必要です。

処方された漢方薬 担当:堀口和彦先生



女神散
女神散は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、のぼせやほてりも緩和します。睡眠も熟睡感が増すと思います。
事前漢方相談

漢方薬のご購入前に、無料相談をご利用ください。
体質チェック後、ご相談内容をご記入いただけます。
堀口和彦先生(薬剤師)が、体質判定の結果とお悩みの
症状から、漢方薬による治療方針をメールで回答します。

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.