乾燥肌と足の冷え・精力減退の漢方薬?

乾燥肌と足の冷え・精力減退の漢方薬?
お客様ページ

HOME症状・病気・体質改善の漢方薬【通販事例】ホルモン精力減退>乾燥肌と足の冷え・精力減退の漢方薬?

乾燥肌と足の冷え・精力減退の漢方薬? (33歳 男性)

結婚していまして子供が欲しいのですが、ほとんど性欲がなく、それにともなってか下半身の元気がまるでありません。なんとか自分でもアダルト画像や本などを見て奮い立たせようとするのですが、わずかに半たちするくらいです。

服薬中の薬などはありません。体質としてはかなり乾燥肌で皮膚科の塗り薬や保湿剤はかかせないです。それと足など異常に冷えます。本当に悩んでます。

ご相談者の体質を漢方的にみた結果



陰虚 陽虚 血虚 血瘀 

体質チェックの項目を表示

症状・体質改善の漢方処方の考え方 担当:堀口和彦先生



精力減退にお悩みですね。性欲もあまりないとのことですね。体質チェックの結果を拝見すると、陰虚と陽虚、血虚が高く出ています。

陰分(体液やリンパ液で心身を潤す)や血分(全身に酸素と栄養分を送り込む)、精(体を温めるホルモンの力)などが不足していることを示しています。これらをすべて補わないと性欲や精力はアップしてきません。

そこで今回はまず、陰分と血分の補うところからスタートしましょう。桂枝加竜骨牡蛎湯と八味地黄丸料をご用意します。さらに活命参をご用意します。

処方された漢方薬 担当:堀口和彦先生



桂枝加竜骨牡蛎湯
桂枝加竜骨牡蛎湯は、心身の潤いを補い、不安感を去り熟睡感を増します。乾燥肌などにもよいです。
八味地黄丸料
八味地黄丸料は、血を補い、血行を良くして、身体を温めます。
活命参
活命参は、鹿茸という鹿の幼角が入った漢方のカプセル剤で、精を補い、さらに精力増進の効果が高まります。
事前漢方相談

漢方薬のご購入前に、無料相談をご利用ください。
体質チェック後、ご相談内容をご記入いただけます。
堀口和彦先生(薬剤師)が、体質判定の結果とお悩みの
症状から、漢方薬による治療方針をメールで回答します。

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.