咳と痰だが今後が心配な肺気腫の漢方薬?

咳と痰だが今後が心配な肺気腫の漢方薬?
お客様ページ

HOME症状・病気・体質改善の漢方薬【通販事例】上半身COPD>咳と痰だが今後が心配な肺気腫の漢方薬?

咳と痰だが今後が心配な肺気腫の漢方薬? (54歳 女性)

肺気腫と診断され薬もなく今は禁煙する事を決め努力しています。今のところは咳と痰ぐらいですが、今後が心配です。

ご相談者の体質を漢方的にみた結果



血虚 陽虚 気滞 陰虚 

体質チェックの項目を表示

症状・体質改善の漢方処方の考え方 担当:堀口和彦先生



肺気腫にお悩みとのことですね。肺胞がダメージを受けて、空気中の酸素を血液中に浸透させにくくなる状態ですね。禁煙はなんとしても頑張ってください。肺胞を守らなくてはならないのですから・・。

体質チェックの結果を拝見すると、血虚と陽虚、気滞などが高く出ています。

血虚は、酸素を含んだ良い血が身体中に行き渡らず不足している状態を示しています。気滞は、心身の緊張を示し、肩こりやイライラ感などで深呼吸ができにくいことを示しています。元気な肺胞が少なくなっていますので、とにかくたくさんと酸素を肺へ送り込まないとなりません。

そのために、心身の緊張を取る抑肝散と、肺胞を守り栄養を送り込む人参養栄湯を組み合わせてご用意します。

処方された漢方薬 担当:堀口和彦先生



抑肝散
抑肝散は、心身の緊張やイライラ感を鎮め、血行を改善して手足を温める作用があります。
人参養栄湯
人参養栄湯は、胃腸の働きを高め消化吸収を活性化して、気を補い元気を出します。
事前漢方相談

漢方薬のご購入前に、無料相談をご利用ください。
体質チェック後、ご相談内容をご記入いただけます。
堀口和彦先生(薬剤師)が、体質判定の結果とお悩みの
症状から、漢方薬による治療方針をメールで回答します。

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.