女性ホルモン・五十肩や肩こりの漢方薬?

女性ホルモン・五十肩や肩こりの漢方薬?
お客様ページ

HOME症状・病気・体質改善の漢方薬【通販事例】上半身五十肩>女性ホルモン・五十肩や肩こりの漢方薬?

女性ホルモン・五十肩や肩こりの漢方薬? (52歳 女性)

五十肩で痛みがひどく何をするのも億劫です。加えて肩こりも半端ないほどガチガチです。更年期のためか体が重くだるい、(##゚Д゚)イライラ、不眠体の衰えをものすごく感じます。毎日 ため息が出ます。

ちなみに、女性ホルモンに似た働きをする漢方薬はあるのですか?

ご相談者の体質を漢方的にみた結果



気滞 血虚 

体質チェックの項目を表示

症状・体質改善の漢方処方の考え方 担当:堀口和彦先生



女性ホルモンが大きく変動する更年期や出産前後は、肩や膝など関節炎が起こりやすいです。

女性ホルモンが大きく入れ替わる時は、大脳の下にある脳下垂体がフル稼働します。脳下垂体からは、副腎や甲状腺、乳腺などを刺激するホルモンも分泌しています。よって更年期の脳下垂体フル稼働状態は、他のホルモンのバランスも乱します。

さらに脳下垂体上部の自律神経の中枢である視床下部も影響を受けて、自律神経も乱れるのです。これらの乱れが、更年期特有の症状であるだるさやイライラ、不眠などが起こります。

漢方では、ホルモンと自律神経の働きを調和させ、血行を促進させて、関節に溜まった老廃物を取り除ききれいにするように治療します。

そこで今回は、加味逍遥散と柴胡桂枝乾姜湯をご用意します。

処方された漢方薬 担当:堀口和彦先生



加味逍遥散
加味逍遥散は、肩こりやイライラ感を緩和し、女性ホルモンと自律神経の働きを調整します。
柴胡桂枝乾姜湯
柴胡桂枝乾姜湯は、不眠や気力低下を緩和し、女性ホルモンと自律神経の働きを調整します。
事前漢方相談

漢方薬のご購入前に、無料相談をご利用ください。
体質チェック後、ご相談内容をご記入いただけます。
堀口和彦先生(薬剤師)が、体質判定の結果とお悩みの
症状から、漢方薬による治療方針をメールで回答します。

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.