下半身のむくみPMS症状で過食の漢方薬?

下半身のむくみPMS症状で過食の漢方薬?
お客様ページ

HOME症状・病気・体質改善の漢方薬【通販事例】上半身吐き気>下半身のむくみPMS症状で過食の漢方薬?

下半身のむくみPMS症状で過食の漢方薬? (29歳 女性)

下半身のむくみがひどく、中用量ピルを服用し始めてから、PMS症状もひどく出ています。

症状としては、イライラ、眠気、むくみなどですが、一番ひどいのが過食です。気持ち悪くなり、吐き気がするまで婦人科の薬を処方されてから食べるようになりました。普段全く甘いものは食べないのですが、生理前5日前位から過食症状が出始め、3日前位からはもう食べるのが辛いのに食べているような状態です。

現在胃腸症状により、セレキノン、酸化マグネシウムを服用中です。また、ホルモンバランスの崩れにより、月経、排卵がない状態で、現在婦人科を受診し、中用量ピルを服用して月経を起こしている状態です。

ご相談者の体質を漢方的にみた結果



やや湿痰 やや陽虚 

体質チェックの項目を表示

症状・体質改善の漢方処方の考え方 担当:堀口和彦先生



婦人科の症状でお悩みですね。ホルモンと自律神経の中枢は、視床下部と脳下垂体で連動しています。ホルモンのバランスが乱れると、どうしても自律神経も乱れます。便秘など胃腸症状もそれによるものと思います。

漢方では、通導散と桃核承気湯がお勧めです。これらは、骨盤内に停滞した大腸の宿便や子宮の瘀血、さらに膀胱の小便を、スムーズに排出する作用があります。

下半身のむくみは、骨盤内の停滞が、下肢の血流を阻害して、腎臓へ下肢の静脈血が流れて行かないことが原因だと思います。

処方された漢方薬 担当:堀口和彦先生



通導散
通導散は、骨盤内の宿便など停滞物をスッキリ排出して、下半身の血行を促進して、むくみなどを改善します。
桃核承気湯
桃核承気湯は、自律神経とホルモンの働きを調整する作用があり、心身の緊張を解し、肩こりやイライラ感を緩和します。便秘や生理も改善します。
事前漢方相談

漢方薬のご購入前に、無料相談をご利用ください。
体質チェック後、ご相談内容をご記入いただけます。
堀口和彦先生(薬剤師)が、体質判定の結果とお悩みの
症状から、漢方薬による治療方針をメールで回答します。

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.