動悸・息苦しさ・のどのつかえの漢方薬?

動悸・息苦しさ・のどのつかえの漢方薬?
お客様ページ

HOME症状・病気・体質改善の漢方薬【通販事例】上半身胃炎>動悸・息苦しさ・のどのつかえの漢方薬?

動悸・息苦しさ・のどのつかえの漢方薬? (56歳 女性)

今年2月よりのどのつまり感が続いています。5月に胃カメラ施行し慢性胃炎が指摘されました。ピロリ菌は検出されませんでした。胃酸が多いため 制酸剤を処方されていますが改善されていません。

のどの症状が長いため9月に耳鼻科を受診しましたがのどの異常はありませんでした。鼻たけができているとのことで、治療しています。のどのつまり感がとても辛く不安になります。食事時の通過障害はありません。

ご相談者の体質を漢方的にみた結果



気滞 気虚 

体質チェックの項目を表示

症状・体質改善の漢方処方の考え方 担当:堀口和彦先生



動悸やめまい、息苦しさ、のどのつかえなどにお悩みですね。体質チェックの結果を拝見すると、気滞と気虚が高く出ています。

心身双方の緊張感が非常に強いようです。これによって、胃腸のなども緊張し蠕動運動ができない状態のようです。胃腸は、蠕動運動で消化ができないと、胃酸など消化液を多く出して、食べ物の消化を行います。その結果、胃腸の粘膜は荒れてしまうのです。この緊張感を緩めることが大切です。

そこで漢方は、柴胡桂枝乾姜湯と半夏厚朴湯を組み合わせてご用意します。

処方された漢方薬 担当:堀口和彦先生



柴胡桂枝乾姜湯
柴胡桂枝乾姜湯は、心身の緊張感を緩和して、肩や背中、胸の強張りを緩め、呼吸や胃腸の働きを楽にします。
半夏厚朴湯
半夏厚朴湯は、首からのどの緊張感を緩和して、のどの違和感改善し、呼吸を楽にして、動悸やめまい、不安感を軽減します。
事前漢方相談

漢方薬のご購入前に、無料相談をご利用ください。
体質チェック後、ご相談内容をご記入いただけます。
堀口和彦先生(薬剤師)が、体質判定の結果とお悩みの
症状から、漢方薬による治療方針をメールで回答します。

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.