過食やむくみ・体の芯からの冷えの漢方薬?

過食やむくみ・体の芯からの冷えの漢方薬?
お客様ページ

HOME症状・病気・体質改善の漢方薬【通販事例】上半身胃潰瘍>過食やむくみ・体の芯からの冷えの漢方薬?

過食やむくみ・体の芯からの冷えの漢方薬? (37歳 女性)

悩みは、過食、むくみ、冷え(体の芯から冷えている状態)、極度の便秘、また水分はのどがよく乾きますので取っているのですがそのわりには尿が出ない、少ないのです。

また、ストレスがかなりたまり、一時期は食事もままならなく、回復の兆しが見えた所にストレスの蓄積、胃潰瘍になり、体重が38キロまでおちました。

胃潰瘍は治ったのですが眠れなく睡眠薬をのんでおります。急激に体重が落ち急激に今は過食もあり増え続け、上記の症状に拍車がかかっている状態が続いており本当につらいです。

むくみも冷えも日に日にひどく、痛い、疼く感じや腰痛もあったりします。毎日、ストレッチ、軽くウォーキング、マッサージをずっと続けておりますが全く変わらすです。ホルモンのバランスが崩れているのもあり不安感、イライラもあり過食に走ってしまう時が増えて尿は少ない、便秘もひどい、体は倦怠感で動くのがしんどい時もあるので悪循環のループです。

ご相談者の体質を漢方的にみた結果



陽虚 陰虚 血虚 気滞 湿痰 血瘀 気虚 湿熱 

体質チェックの項目を表示

症状・体質改善の漢方処方の考え方 担当:堀口和彦先生



過食やむくみ小便の出にくさ、冷え、便秘などにお悩みとのことですね。摂食中枢(コントロールセンター)は、視床下部にあり、ここは自律神経の中枢でもあります。

さらに視床下部に隣接して脳下垂体があり、ここはホルモンの中枢です。ですので、ホルモンと自律神経の働きが乱れていると、摂食中枢も不安定になり、過食などになりやすくなります。それをバランス良く調整するように漢方薬をお選びします。

そこで、今回は柴胡加竜骨牡蛎湯と桃核承気湯を組み合わせてご用意します。

処方された漢方薬 担当:堀口和彦先生



柴胡加竜骨牡蛎湯
柴胡加竜骨牡蛎湯は、心身の緊張感を緩和して、自律神経の働きを調整して、精神的に安定させて、過食や不眠、イライラ感などを改善します。
桃核承気湯
桃核承気湯は、ホルモンの働きを調整して、生理や精神的な安定を作ります。また、骨盤内に停滞した宿便や古血(瘀血)を排出する作用もあります。
事前漢方相談

漢方薬のご購入前に、無料相談をご利用ください。
体質チェック後、ご相談内容をご記入いただけます。
堀口和彦先生(薬剤師)が、体質判定の結果とお悩みの
症状から、漢方薬による治療方針をメールで回答します。

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.