太り過ぎで膝痛・風邪体質の漢方薬?

太り過ぎで膝痛・風邪体質の漢方薬?
お客様ページ

HOME症状・病気・体質改善の漢方薬【通販事例】上半身息切れ>太り過ぎで膝痛・風邪体質の漢方薬?

太り過ぎで膝痛・風邪体質の漢方薬? (49歳 女性)

太り過ぎで膝痛、下痢体質、胃腸の風邪をよくひきます。コレステロールを下げる薬を処方されて1ヶ月。体重変化なしですが、突然汗が噴き出し、なかなか止まらない、息切れなどがたびたび起こります。

生理が3年位前から来なくなり、婦人科では急に体重増加した為、卵はまだ作られてる、と言われました。もっと私の身体に合ったものがないか探しています。

昨年、胃潰瘍になり現在治療中です。心療内科で安定剤と睡眠補助する薬を服用中です。

ご相談者の体質を漢方的にみた結果



気虚 陽虚 気滞 湿痰 血瘀 

体質チェックの項目を表示

症状・体質改善の漢方処方の考え方 担当:堀口和彦先生



更年期障害による発汗や息切れ、不眠などにお悩みですね。また、膝痛や下痢しやすさもあるようですね。

体質チェックの結果を拝見すると、気虚と陽虚、気滞が高く出ています。更年期によりホルモンのバランスが乱れ、それに伴って自律神経の働きも乱れているようです。胃腸の働きも自律神経の働きが大きく関与しています。

そこで、今回は柴胡桂枝乾姜湯と防已黄耆湯を組み合わせてご用意します。

処方された漢方薬 担当:堀口和彦先生



柴胡桂枝乾姜湯
柴胡桂枝乾姜湯は、ホルモンと自律神経の働きを調和させて、冷えや息切れ、不眠など更年期の症状を緩和します。
防已黄耆湯
防已黄耆湯は、水分代謝を高めて、だるさや息切れ、発汗、膝痛などを改善します。
事前漢方相談

漢方薬のご購入前に、無料相談をご利用ください。
体質チェック後、ご相談内容をご記入いただけます。
堀口和彦先生(薬剤師)が、体質判定の結果とお悩みの
症状から、漢方薬による治療方針をメールで回答します。

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.