パニック障害で食欲がなく息苦しい漢方薬?

パニック障害で食欲がなく息苦しい漢方薬?
お客様ページ

HOME症状・病気・体質改善の漢方薬【通販事例】上半身息苦しい>パニック障害で食欲がなく息苦しい漢方薬?

パニック障害で食欲がなく息苦しい漢方薬? (25歳 女性)

パニック障害で漢方薬局に相談し、温担湯を三週間程飲んでます。不眠症、吐き気、めまいで相談したところ出してもらいました。今は不眠症は治り吐き気もほとんどありませんが食欲がなく食べるとお腹が張ります。そんなに水分を取ってないけどお腹がチャポチャポします。舌に歯型があります。

一番気になるのは息苦しさとめまいです。体力もありません神経質でストレスも溜まりやすくて不安感があります。気管やのど辺りに圧迫感があり、左胸が痛むこともあります。

めまいは頭が重くてクラクラする感じで回転性ではないです。確かに消化器が悪く体重がどんどん減っていきます。血圧は低めで上が100前後下が60台ぐらいが多いです。寝起きはすごく体がだるいです。

ご相談者の体質を漢方的にみた結果



気虚 陽虚 血虚 血瘀 気滞 

体質チェックの項目を表示

症状・体質改善の漢方処方の考え方 担当:堀口和彦先生



不安感や緊張感というのは、誰にでもあるものです。しかし、これに負けてしまうのは、体力に余裕がないからです。胃腸の働き弱く食べ物から十分なエネルギーを吸収できません。

さらに、のどや胸部のコリ緊張が気管と肺を開けないので、十分に呼吸ができず酸欠です。まずこれらを改善して、身体に体力的な余裕を作っていきましょう。

体質チェックの結果にもあるように、気虚が一番に改善すべきところですね。気虚でも胃腸の働きが低下し消化吸収力が低い脾気虚ですね。低血圧やめまいもこれが原因です。

この改善に加味帰脾湯を選びます。温胆湯より胃腸への負担が少ない処方です。さらに息苦しさと胸の圧迫感と気滞の改善に香蘇散を選びます。

処方された漢方薬 担当:堀口和彦先生



加味帰脾湯
加味帰脾湯は、胃腸の働きが低下し消化吸収力が低くなり、低血圧やめまいを引き起こす脾気虚に有効です。温胆湯より胃腸への負担が少ない処方です。
香蘇散
香蘇散は、のど風邪などに使う漢方ですが、紫蘇や香附子が入っており、気の巡らしを良くして気滞を改善し、呼吸を楽にします。
事前漢方相談

漢方薬のご購入前に、無料相談をご利用ください。
体質チェック後、ご相談内容をご記入いただけます。
堀口和彦先生(薬剤師)が、体質判定の結果とお悩みの
症状から、漢方薬による治療方針をメールで回答します。

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.