胃もたれ・だるさ・意欲低下の漢方薬?

胃もたれ・だるさ・意欲低下の漢方薬?
お客様ページ

HOME症状・病気・体質改善の漢方薬【通販事例】上半身胃もたれ>胃もたれ・だるさ・意欲低下の漢方薬?

胃もたれ・だるさ・意欲低下の漢方薬? (21歳 男性)

今の体の症状について下痢というより軟便に近いのですが、この軟便は昔から常に感じ、体質だと思われます。緊張すると特に下痢っぽくなります。それが原因で物事に集中しようとしても、おなかが痛くなり集中できません。

また、ストレスを溜め込みやすい性格なので、すぐ便が水っぽくなります。いつも疲れやすく、寝ても寝足りないあるいは疲れが取れません。そして、夜トイレにも近いです。普段はお酒、たばこを嗜まず、冷たい食べ物や飲み物は控えて過ごしています。

ご相談者の体質を漢方的にみた結果



気虚 気滞 血虚 陰虚 湿痰 湿熱 陽虚 血瘀 

体質チェックの項目を表示

症状・体質改善の漢方処方の考え方 担当:堀口和彦先生



胃もたれやだるさ、イライラ不安感、意欲低下にお悩みとのことですね。アレルギー性の鼻炎と気管支喘息もあるとのことですね。

体質チェックの結果を拝見すると、気虚と気滞が一番高く、血虚と陰虚、湿痰も高く出ています。まず、胃腸の働きを活性化して、消化吸収力を高め、元気を付けましょう。

今回は、六君子湯と加味帰脾湯を組み合わせてご用意します。

処方された漢方薬 担当:堀口和彦先生



六君子湯
六君子湯は、胃腸の水分代謝を調整しながら、下痢軟便を改善し、食欲を高め、お腹の張りなども改善します。
加味帰脾湯
加味帰脾湯は、消化吸収力を活性化して、気力を高め、不眠やイライラ、不安感を緩和します。
事前漢方相談

漢方薬のご購入前に、無料相談をご利用ください。
体質チェック後、ご相談内容をご記入いただけます。
堀口和彦先生(薬剤師)が、体質判定の結果とお悩みの
症状から、漢方薬による治療方針をメールで回答します。

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.