イライラや気力低下・いつもしんどい漢方薬?

イライラや気力低下・いつもしんどい漢方薬?
お客様ページ

HOME症状・病気・体質改善の漢方薬【通販事例】上半身肩こり>イライラや気力低下・いつもしんどい漢方薬?

イライラや気力低下・いつもしんどい漢方薬? (42歳 女性)

主婦ですが家事がはかどらず小学生の子供にイライラしています。事務仕事をしているのですが、今までできていた目の前にある仕事をながめたままこなせない状態です。イーっとなって頭の思考回路が止まった感じです。

イライラ・気力低下状態は昨年の春頃からです。仕事のある日は何とか動けるのですが、休みの日はひどくなります。胃腸の調子や生理は順調です。頭が重いことはなく、熟睡していると感じています。ただ疲れが取れなくいつもしんどい感じです。

ご相談者の体質を漢方的にみた結果



やや気滞 やや気虚 やや湿痰 

体質チェックの項目を表示

症状・体質改善の漢方処方の考え方 担当:堀口和彦先生



体質チェックの結果は、気滞と気虚がやや高く出ています。気の滞りと不足が合わさっていて、気の循環が悪いのですね。身体の緊張が、肩や背中を強張らせて心臓に負担をかけて血液循環を悪くさせ、脳への血液供給が十分ではないようです。これが立ちくらみや思考停止状態を起こしていると予想します。

さらに、身体の緊張は深い大きな呼吸ができず、身体の酸欠状態も引き起こします。これがイライラや疲れが取れない感をもたらしていると思います。

漢方薬は、まず身体の緊張感を緩める香蘇散とイライラ感を鎮める抑肝散を選びます。

処方された漢方薬 担当:堀口和彦先生



香蘇散
香蘇散は、のどから肺のリンパ液の流れを良くして、のどから胸付近の緊張を取ります。
抑肝散
抑肝散は、心身の緊張やイライラ感を鎮め、血行を改善して手足を温める作用があります。
事前漢方相談

漢方薬のご購入前に、無料相談をご利用ください。
体質チェック後、ご相談内容をご記入いただけます。
堀口和彦先生(薬剤師)が、体質判定の結果とお悩みの
症状から、漢方薬による治療方針をメールで回答します。

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.