ズキズキ首肩が凝る群発頭痛の漢方薬?

ズキズキ首肩が凝る群発頭痛の漢方薬?
お客様ページ

HOME症状・病気・体質改善の漢方薬【通販事例】上半身悪心・嘔吐>ズキズキ首肩が凝る群発頭痛の漢方薬?

ズキズキ首肩が凝る群発頭痛の漢方薬? (52歳 女性)

いつも決まって、お昼過ぎくらいから右目がズキズキうずき始め首や肩が凝り、頭痛が始まると目を開けているのも辛いほどで時には嘔吐してしまう時も有ります。

できるだけ科学薬品は避けたいので、我慢するようにしていますが、耐えきれません。

なお、鼻水や鼻づまりは、秋から春にかけて続きます。病院へは行っていないので診断は、されていませんが子供の頃(10歳~12歳)に副鼻腔炎で通院していた頃は有りました。 視界の中に、フラッシュのような光は有りません。

ご相談者の体質を漢方的にみた結果



陽虚 湿痰 湿熱 気虚 血瘀 陰虚 気滞 

体質チェックの項目を表示

症状・体質改善の漢方処方の考え方 担当:堀口和彦先生



群発頭痛にお悩みとのことですね。右目の奥から始まるのですね。体質チェックの結果を拝見すると、陽虚や湿痰、湿熱、気虚などが高く出ています。新陳代謝が低下しているようです。その結果、体内に余分な水分が停滞し、気や血の巡りが悪くなり、肩こり頭痛や鼻水などが生じているようです。

そこで、呉茱萸湯と半夏白朮天麻湯を組み合わせてご用意しましょう。

処方された漢方薬 担当:堀口和彦先生



呉茱萸湯
呉茱萸湯は、身体の芯から温め、新陳代謝を高め、肩こりや頭痛を緩和します。頭痛時の悪心嘔吐も緩和します。
半夏白朮天麻湯
半夏白朮天麻湯は、胃と頭部周辺の水分代謝を活性化して、鼻水や頭痛を緩和します。
事前漢方相談

漢方薬のご購入前に、無料相談をご利用ください。
体質チェック後、ご相談内容をご記入いただけます。
堀口和彦先生(薬剤師)が、体質判定の結果とお悩みの
症状から、漢方薬による治療方針をメールで回答します。

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.