過食・嘔吐の症状がほぼ毎日の漢方薬?

過食・嘔吐の症状がほぼ毎日の漢方薬?
お客様ページ

HOME症状・病気・体質改善の漢方薬【通販事例】上半身悪心・嘔吐>過食・嘔吐の症状がほぼ毎日の漢方薬?

過食・嘔吐の症状がほぼ毎日の漢方薬? (28歳 女性)

現在、過食・嘔吐があり、病院受診中。ある漢方薬を服用中です。精神的には落ち着いているのですが、過食が止まらず困っています。

過食嘔吐の症状がほぼ毎日あり、どんどん太ってきていて、水分を摂る割にはお小水の回数が少なく、便もなかなかでません。最近、仕事を初めて日中は普通に食事ができるのですが、夕方会社を出ると甘い菓子パンやお惣菜を買い、夕飯後に食べてしまいます。

本当は、家でゆっくりお風呂に入ってリラックスしたり、好きなテレビを楽しみたいのですが、落ち着けないのです。困っています。

ご相談者の体質を漢方的にみた結果



気滞 

体質チェックの項目を表示

症状・体質改善の漢方処方の考え方 担当:堀口和彦先生



過食の原因は、生理周期が一定しないことなどから、ホルモンと自律神経の働きが乱れていることと予想します。

体質チェックの結果も、気滞が高く出ていますので、ホルモンと自律神経の働きの乱れが、イライラや不安感を起こしていると思われます。ホルモンの中枢(コントロールセンター)は、眼の奥にある脳下垂体です。食欲中枢も脳下垂体の影響を受けます。

そこで、柴胡加竜骨牡蛎湯と女神散を組み合わせてご用意します。

処方された漢方薬 担当:堀口和彦先生



柴胡加竜骨牡蛎湯
柴胡加竜骨牡蛎湯は、心身の緊張感を緩和して、肩こりやイライラ、不安感などを改善します。
女神散
女神散は、ホルモンと自律神経の働きを調和させ、生理不順や食欲の乱れを改善します。
事前漢方相談

漢方薬のご購入前に、無料相談をご利用ください。
体質チェック後、ご相談内容をご記入いただけます。
堀口和彦先生(薬剤師)が、体質判定の結果とお悩みの
症状から、漢方薬による治療方針をメールで回答します。

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.