頭痛持ちの過食症の漢方薬?

頭痛持ちの過食症の漢方薬?
お客様ページ

HOME症状・病気・体質改善の漢方薬【通販事例】上半身悪心・嘔吐>頭痛持ちの過食症の漢方薬?

頭痛持ちの過食症の漢方薬? (23歳 女性)

頭痛持ちです。過食症がひどすぎて死にそうです。辛い。嘔吐はありません。

消化能力がほぼなく、腸が動いてなく、便秘体質です。過食がかなり、頻繁で、罪悪感も頻繁なので、脳が正常になるような、脳がリラックスできるような漢方があれば、入れてほしいです。

なお、私の場合、習慣化してしまっているので、あまり、生理周期は関係なく、年中無休で、過食症動が、起こります。ちなみに、今日、現在も過食してしまっています。生理不順ではあると思います。自制心が効きません。

ご相談者の体質を漢方的にみた結果



陰虚 気滞 血瘀 湿痰 気虚 血虚 陽虚 湿熱 

体質チェックの項目を表示

症状・体質改善の漢方処方の考え方 担当:堀口和彦先生



過食行動は、ホルモンと自律神経の働きが乱れて、起こる場合が多いです。イライラや不眠などから自律神経の乱れが現れており、生理周期が一定しないことがホルモンの乱れを現しています。

今回は、柴胡加竜骨牡蠣湯と桃核承気湯を組み合わせてご用意します。

処方された漢方薬 担当:堀口和彦先生



柴胡加竜骨牡蛎湯
柴胡加竜骨牡蛎湯は、心身の緊張感を緩和して、ホルモンと自律神経の働きを調和させて、イライラや不安感などを鎮めて、精神的に安定させます。
桃核承気湯
桃核承気湯は、骨盤内の宿便や瘀血を排出し、ホルモンや食欲中枢などに働き、生理不順や過食などを改善します。
事前漢方相談

漢方薬のご購入前に、無料相談をご利用ください。
体質チェック後、ご相談内容をご記入いただけます。
堀口和彦先生(薬剤師)が、体質判定の結果とお悩みの
症状から、漢方薬による治療方針をメールで回答します。

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.