ダムが決壊した過食状態の漢方薬?

ダムが決壊した過食状態の漢方薬?
お客様ページ

HOME症状・病気・体質改善の漢方薬【通販事例】上半身悪心・嘔吐>ダムが決壊した過食状態の漢方薬?

ダムが決壊した過食状態の漢方薬? (30歳 女性)

過食症で困っています。嘔吐は無しです。また社会不安障害で、対人恐怖症、醜形恐怖症、ひきこもりで処方薬が出ています。

現在はダムが決壊してしまったかのような過食状態です。生理前と生理になって2・3日はホルモンバランスが崩れ過食がちになりやすいです。

ご相談者の体質を漢方的にみた結果



血虚 気滞 

体質チェックの項目を表示

症状・体質改善の漢方処方の考え方 担当:堀口和彦先生



過食にお悩みとのことですね。摂食中枢(コントロールセンター)は、視床下部にあり、ここは自律神経の中枢でもあります。さらに視床下部に隣接して脳下垂体があり、ここはホルモンの中枢です。

ですので、ホルモンと自律神経の働きが乱れていると、摂食中枢も不安定になり、過食などになりやすくなります。それをバランス良く調整するように漢方薬をお選びします。

そこで、柴胡加竜骨牡蛎湯と抑肝散を組み合わせてご用意します。

処方された漢方薬 担当:堀口和彦先生



柴胡加竜骨牡蛎湯
柴胡加竜骨牡蛎湯は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、さらに食欲中枢も調整して、過食や不安感、不眠を改善します。
抑肝散
抑肝散は、心身の緊張感を緩和して、肩こりやイライラ感などを改善します。
事前漢方相談

漢方薬のご購入前に、無料相談をご利用ください。
体質チェック後、ご相談内容をご記入いただけます。
堀口和彦先生(薬剤師)が、体質判定の結果とお悩みの
症状から、漢方薬による治療方針をメールで回答します。

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.