息苦しく不安感と恐怖感の漢方薬?

息苦しく不安感と恐怖感の漢方薬?
お客様ページ

HOME症状・病気・体質改善の漢方薬【通販事例】上半身悪心・嘔吐>息苦しく不安感と恐怖感の漢方薬?

息苦しく不安感と恐怖感の漢方薬? (32歳 女性)

一刻も早くこの息苦しさから解放され、まだ小さい子供達の子育てをイキイキと楽しくしたいです。上の子が、4歳で下の子が1歳5ヶ月です。

初めて過呼吸を起こしたのは上の子を出産して2カ月の時に嘔吐下痢になり、全身硬直し救急車で運ばれました。その後はなんともなく過ごし2回目の過呼吸は、下の子の妊娠中に起こしました。妊娠7ヶ月ぐらいだったと思います。

その後もなんともなく過ごし、今回は初めての入院、手術を経験しその入院中に過呼吸がまた起こりました。それからは、毎日が息苦しく不安感、恐怖感との戦いです。

ご相談者の体質を漢方的にみた結果



湿痰 血虚 血瘀 

体質チェックの項目を表示

症状・体質改善の漢方処方の考え方 担当:堀口和彦先生



息苦しさお悩みとのことですね。産前産後のホルモンの変動に、自律神経が追いつけずに、バランスを失ったのですね。

産前産後でホルモンが劇的に変動します。その際、眼の奥にある脳下垂体が非常に忙しく働き、それに隣接する視床下部も連動して働きが乱れます。この視床下部に自律神経の中枢があります。

つまり産後は、ホルモンと自律神経の働きが大きく揺さぶられて変動するのです。産後は安静にして、眼をあまり使い過ぎないことは、脳下垂体と視床下部の働きを調和させるために不可欠です。

また、授乳の刺激はオキシトシン分泌を促し、その刺激がホルモンのバランスを調整する作用があります。漢方薬でこれらのバランスを調整することが可能です。

今回は、芎帰調血飲をご用意します。

処方された漢方薬 担当:堀口和彦先生



芎帰調血飲
芎帰調血飲は、ホルモンと自律神経の働きを調整して、子宮卵巣の働きを高めます。また、自律神経の乱れによるしびれを改善します。
事前漢方相談

漢方薬のご購入前に、無料相談をご利用ください。
体質チェック後、ご相談内容をご記入いただけます。
堀口和彦先生(薬剤師)が、体質判定の結果とお悩みの
症状から、漢方薬による治療方針をメールで回答します。

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.