腰・背中痛の強直性脊椎炎の漢方薬?

腰・背中痛の強直性脊椎炎の漢方薬?
お客様ページ

HOME症状・病気・体質改善の漢方薬【通販事例】上半身強直性脊椎炎>腰・背中痛の強直性脊椎炎の漢方薬?

腰・背中痛の強直性脊椎炎の漢方薬? (36歳 男性)

背骨周辺、腰に痛み。起床時特にひどく、起き上がれても歩行時にひどい腰痛。大抵は日中時間が経過するにつれ良くなる傾向。就寝時、背中痛で1、2時間仰向け状態でいないと寝返りも苦痛。市民病院で強直性脊椎炎と診断されました。

湿布などの貼り薬のみで内服薬は飲用していません。少しでも痛みが緩和されるなら助かります。

ご相談者の体質を漢方的にみた結果





体質チェックの項目を表示

症状・体質改善の漢方処方の考え方 担当:堀口和彦先生



強直性脊椎炎による腰痛や関節の強ばりなどにお悩みとのことですね。難病指定のご病気ではありますが、何とか進行しないように、あるいは進行を遅らせることは可能だと思います。

膠原病やリウマチ的な免疫的な異常によって起こる疾患は、漢方では体内のリンパ液の流れを改善し、老廃物の早期除去ができるようにします。

朝に症状が強いのは、夜間の睡眠時はリンパ液や血液の循環が停滞します。これらが停滞すると、悪い自己抗体が関節や筋肉などに居ついて攻撃を開始します。

起床後に身体を動かし出すとやや痛みが緩和するのは、体動によりリンパ液血液の循環が促進され、悪い抗体が流れ出すからです。この流れを促進して、悪い抗体を居つかせないようにすることが、漢方の治療方針となります。

体質チェックの結果を拝見すると、該当するチック項目があまり無かったようですね。胃腸の調子なども悪くないとのことですね。

症状などから判断して越婢加朮湯と麻杏薏甘湯を選びましょう。今回はこれら2処方を組み合わせてご用意します。

処方された漢方薬 担当:堀口和彦先生



越婢加朮湯
越婢加朮湯は、関節周囲の炎症を鎮め痛みを緩和します。リウマチ的な反応を抑える作用もあります。
麻杏薏甘湯
麻杏薏甘湯は、リンパ液の流れを促進して、悪い抗体や炎症物質の居つきを防ぎ、代謝を促進します。
事前漢方相談

漢方薬のご購入前に、無料相談をご利用ください。
体質チェック後、ご相談内容をご記入いただけます。
堀口和彦先生(薬剤師)が、体質判定の結果とお悩みの
症状から、漢方薬による治療方針をメールで回答します。

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.