強直性脊椎炎の痛みや強ばりの漢方薬?

強直性脊椎炎の痛みや強ばりの漢方薬?
お客様ページ

HOME症状・病気・体質改善の漢方薬【通販事例】上半身強直性脊椎炎>強直性脊椎炎の痛みや強ばりの漢方薬?

強直性脊椎炎の痛みや強ばりの漢方薬? (33歳 女性)

強直性脊椎炎になってしまい、朝起きると節々に痛みが走り、強ばりも生じます。血圧の薬を飲んでます。また、アルギニンイチョウ葉、亜鉛の複合サプリを服用しています。

ご相談者の体質を漢方的にみた結果



血虚 気滞 湿熱 陰虚 陽虚 湿痰 血瘀 

体質チェックの項目を表示

症状・体質改善の漢方処方の考え方 担当:堀口和彦先生



強直性脊椎炎による朝の節々の痛みや強ばりにお悩みとのことです。体質チェックの結果を拝見すると、湿熱や気滞、血虚などが高く出ています。

体内に疲労物資や老廃物が多く停滞して、それが関節の靭帯や腱、筋肉に付着して、関節や筋肉を硬くして、動作時に痛みを起こしているようです。

そこで、湿熱の改善に、越婢加朮湯と防風通聖散を組み合わせて一種類目とします。

気滞と血虚の改善に柴胡加竜骨牡蛎湯と疎経活血湯を組み合わせて二種類目とします。

処方された漢方薬 担当:堀口和彦先生



越婢加朮湯
越婢加朮湯は、関節や腱靭帯、筋肉の炎症を鎮めて、痛みや身体の硬さを改善します。
防風通聖散
防風通聖散は、新陳代謝を活性化して、体内に蓄積した老廃物を解毒代謝し大小便に排出します。
柴胡加竜骨牡蛎湯
柴胡加竜骨牡蛎湯は、心身の緊張感を緩和して、肩こりや筋肉のつれ、イライラ感や不安感、不眠などを改善します。
疎経活血湯
疎経活血湯は、血行を促進して、筋肉や関節の痛みを緩和します。
事前漢方相談

漢方薬のご購入前に、無料相談をご利用ください。
体質チェック後、ご相談内容をご記入いただけます。
堀口和彦先生(薬剤師)が、体質判定の結果とお悩みの
症状から、漢方薬による治療方針をメールで回答します。

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前漢方相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.