背中痛・膵炎やパニック障害の漢方薬?

背中痛・膵炎やパニック障害の漢方薬?
お客様ページ

HOME症状・病気・体質改善の漢方薬【通販事例】上半身背中痛>背中痛・膵炎やパニック障害の漢方薬?

背中痛・膵炎やパニック障害の漢方薬? (47歳 女性)

左上腹部の痛みが続いており、脂っこいもの、お酒を飲むと背中の方まで痛くなります。ストレスを感じても痛くなります。以前、膵炎を疑って血液検査等しましたがその時は分からず、その後一年半程たっても症状はなくなりません。

現在は、不眠、パニック障害のためで就寝前に西洋薬を服用中です。

ご相談者の体質を漢方的にみた結果



気滞 陽虚 気虚 湿痰 血虚 湿熱 陰虚 血瘀 

体質チェックの項目を表示

症状・体質改善の漢方処方の考え方 担当:堀口和彦先生



膵炎による背中痛などにお悩みですね。体質チェックの結果から、膵炎やストレスなどの背中痛には安中散と四逆散をご用意します。

さらに、パニック障害や予期不安、口渇と残尿感に抑肝散と清心蓮子飲をご用意します。

処方された漢方薬 担当:堀口和彦先生



安中散
安中散は、胃酸を中和して、胃粘膜を修復保護して、胃痛や背中痛を緩和します。
四逆散
四逆散は、背中から脇腹の緊張を緩和して、背中やお腹の痛みを軽減します。
抑肝散
抑肝散は、心身の緊張感を緩和して、不安やイライラ感を軽減します。
清心蓮子飲
清心蓮子飲は、膀胱や尿道の粘膜の炎症を鎮め、小便をスッキリさせます。精神的な不安感や焦燥感を鎮める作用もあります。
事前漢方相談

漢方薬のご購入前に、無料相談をご利用ください。
体質チェック後、ご相談内容をご記入いただけます。
堀口和彦先生(薬剤師)が、体質判定の結果とお悩みの
症状から、漢方薬による治療方針をメールで回答します。

サイトマップ   漢方薬の料金   特定商取引表示   運営薬局   個人情報保護方針   よくある質問   問合せ/事前相談
Copyright (C) 2016 Spreadcam All rights reserved.